佐藤清美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤 清美
KIYOMI Satoh
Sato kiyomi.jpg
JX-ENEOSサンフラワーズ HC
役職 ヘッドコーチ
身長(現役時) 175cm (5 ft 9 in)
体重(現役時) 65kg (143 lb)
基本情報
ラテン文字 KIYOMI Satoh
誕生日 (1962-05-21) 1962年5月21日(56歳)
日本の旗 日本
出身地 秋田県平鹿郡大森町
出身 秋田県立能代工業高等学校
日本大学
ドラフト  
選手経歴
1985-1993 日本鉱業
指導者経歴
1993-1994
1994-1995
1996-1997
1997-1998
1998-1999
1998-2008
2008-2012
2012-2016
2016-2017
ジャパンエナジー
日本大学
ジャパンエナジー(コーチ)
ジャパンエナジー
男子日本代表(AC)
常葉学園大学
JXサンフラワーズ(コーチ)
JX-ENEOSサンフラワーズ
JX-ENEOSサンフラワーズ(監督)

佐藤 清美(さとう きよみ、1962年5月21日 - )は、日本の男子バスケットボール選手、バスケットボール指導者。

人物[編集]

1962年5月21日秋田県平鹿郡大森町出身。中学校時代からバスケットボールを始め、秋田県立能代工業高等学校に進学。高校ではポイントガードを務め、1979年1980年全国高等学校バスケットボール選手権大会連覇に貢献した。

1981年に日本大学に進学。日本大学時代には1983年1984年全日本大学バスケットボール選手権大会で連覇を果たす。大学卒業後の1985年に日本鉱業へ入社。同社バスケットボール部に入り、1993年までプレー。日鉱時代は1989年、1993年に天皇杯全日本総合バスケットボール選手権大会優勝を経験。また1990年~1992年にはバスケットボール男子日本代表に招集され、兵庫県神戸市で開催された1991年バスケットボール男子アジア選手権に出場している。

1993年に現役を引退して指導者へ転身。ジャパンエナジーグリフィンズや母校の日本大学、男子日本代表でアシスタントコーチ、常葉学園大学(男子バスケットボール部)でヘッドコーチを務めるなどして、2008年にジャパンエナジーサンフラワーズ(現:JX-ENEOSサンフラワーズ)のアシスタントコーチに就任していた。

2012年 - 2013年シーズンから、JXサンフラワーズ(当時)HCを務めていた内海知秀バスケットボール女子日本代表HCに専念することとなったため、内海の後任としてJXサンフラワーズHCに就任することとなった[1][2]

2016年オフ、トム・ホーバスHC就任により監督に[3]

2017年オフ、ホーバス前HCが女子日本代表HC就任のため、後任としてHC復帰[4]

妻は柳葉敏郎の妹、息子の佐藤大貢は東海大相模高等学校の野球部主将を務めた。

選手歴[編集]

  • 1978年 - 1981年:秋田県立能代工業高等学校
  • 1981年 - 1985年:日本大学
  • 1985年 - 1993年:日本鉱業⇒日鉱共石

代表歴[編集]

  • 1991年アジア選手権

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JXサンフラワーズの新ヘッドコーチおよび新入団選手について JX日鉱日石エネルギー株式会社プレスリリース 2012年3月28日付
  2. ^ JX新監督に佐藤氏 内海監督は代表に専念 スポーツニッポン 2012年3月28日閲覧
  3. ^ JX-ENEOSサンフラワーズ 新ヘッドコーチ就任について JXエネルギー株式会社プレスリリース 2016年4月18日付
  4. ^ JX-ENEOSサンフラワーズ 2017-2018シーズン新体制について JXエネルギー株式会社プレスリリース 2017年3月21日付

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
内海知秀
JX-ENEOSサンフラワーズヘッドコーチ
2012 - 2016
次代:
トム・ホーバス
先代:
トム・ホーバス
JX-ENEOSサンフラワーズヘッドコーチ
2017 - 現在
次代:
N/A