佐藤清一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

佐藤清一郎(さとう せいいちろう、1949年(昭和24年)2月3日 - )は、日本の銀行家。筑邦銀行代表取締役頭取。

来歴・人物[編集]

福岡県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本勧業銀行入行。同期入行には、みずほ銀行頭取を務めた杉山清次や初代静岡市長の小嶋善吉らがいた。

第一勧銀時代には、主に証券、国際部門を担ったほか、みずほFGに移行後には、みずほコーポレート銀行常務執行役員も歴任した。

2006年(平成18年)には祖父・與(あたえ)が初代会長を務め、父・清之助が副頭取を務めた筑邦銀行に転じ[1]2009年(平成21年)に同行頭取に就任した[2]

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 47NEWS 佐藤清之助氏死去 元筑邦銀行副頭取 『共同通信』2010年7月7日
  2. ^ 毎日新聞 2009年2月26日