佐藤浩輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
佐藤 浩輝
別名 ナイスさとう、👍監督
生誕 (1972-08-27) 1972年8月27日(46歳)
出身地 日本の旗 日本東京都板橋区
学歴 明治大学法学部法律学科卒業
職業 プロデューサー
マネージャー
活動期間 1996年 - 現今
レーベル エイベックス・グループ
公式サイト ameblo.jp/sk0462

佐藤 浩輝(さとう こうき、1972年8月27日 - )は、日本芸能事務所エイベックス・エンタテインメントで、エグゼクティブ・プロデューサーを務める。通称:ナイスさとう👍監督

東京都板橋区出身。東京都立北園高等学校明治大学法学部法律学科卒業。血液型O型

略歴[編集]

来歴[編集]

  • 株式会社ホワイトアトラス(アクシヴの前身)入社。当初の仕事はhitomiの現場マネージャーを担当。その後、宣伝事業部が設立。テレビ、雑誌、ラジオを担当した。
  • メディア&プランニング事業部、課長に昇格。その3年後、アクシヴが消滅、エイベックス・エンタテインメント株式会社に異動。2006年5月、映画、映像制作を担当するAEI映像宣伝部に異動。部長に昇格した。
  • AEI芸能事業部に異動。エイベックスが本格的に俳優マネジメント事業を行うようになり、中村獅童小雪などが移籍。担当になった。
  • エイベックス・マネジメント株式会社に会社分割した翌年、マネジメント本部営業部に異動。広告キャスティング営業の担当も行う。
  • エイベックス・ヴァンガード株式会社に会社分割した翌々年、執行役員に就任。

人物[編集]

  • 学生時代に影響を受けた人物に、我究館の創始者・杉村太郎を挙げている。
  • TBSラグビードラマスクール☆ウォーズ」が好きで、アーティストプロデュースにその影響が見られる。
  • 就職活動中、『TRF』『hitomi』のプロダクションで、エイベックスレコードの子会社「ホワイトアトラス」に運命を感じ、新卒募集はしていなかったにも関わらず、熱い思いをテープに吹き込んで履歴書を送った。「僕を取ったほうがいい」と魂をこめる。
  • 新聞担当時代、日本で初めて自ら現場写真を撮って新聞社にメールを送った。それまでは新聞社のカメラマンが撮影しにきていた。

担当したアーティスト、俳優[編集]

現在[編集]

過去[編集]

担当した企画プロデュース[編集]

現在[編集]

過去[編集]

  • 映画「ラムネ」 - プロデュース
  • 舞台「誇らしげだが、空(から)。」 - プロデュース
  • 舞台「座・花御代コンチェルト」 - 企画

出演[編集]

テレビ[編集]

  • ポップメイカー(BS朝日、2014年9月5日)[1]
SOLIDEMOGEMの出演に伴う、ごく短時間のものを除く

ラジオ[編集]

SOLIDEMOGEMの出演に伴う、ごく短時間のものを除く

ウェブ[編集]

  • 「Sugar Baby」発売記念連載企画インタビュー[2]
  • 「SOLIDEMO名古屋公演」スタートインタビュー[3]

脚注[編集]

  1. ^ ポップメイカー2014年9月5日放送回BS朝日・ポップメイカー公式HP
  2. ^ 「Sugar Baby」発売記念連載企画④ 『金澤有希のそこまで!言う気?』GEMプロデューサーに金澤有希が物申す!WWSチャンネル、2017年2月14日
  3. ^ 高身長イケメンユニット・SOLIDEMOが初の名古屋定期公演をスタート!「東京ではできないような面白いコラボができれば」 WWSチャンネル、2017年8月22日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]