佐藤浩一 (中国文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 浩一(さとう こういち、1970年 - )は日本の文学者。東京都生まれ。博士(文学)早稲田大学、2007年)[1]東海大学准教授[2]

著書[編集]

  • 『書いて覚える中国語ー文法ドリル初級編』(楊達氏らと共著、トランスアート)
  • 『教養のための中国古典文学史』(松原朗氏、児島弘一郎氏と共著、研文出版)

訳書[編集]

  • 尹夏清『隋唐ー開かれた文明』図説・中国文明史 第6巻(創元社)

主要論文[編集]

  • 「仇兆鰲『杜詩詳注』の音注について」(『日本中国学会報』58。日本中国学会賞[2007年度文学語学部門])など

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 博士論文 『仇兆鰲『杜詩詳註』の研究』 - 博士論文書誌データベース
  2. ^ 教員紹介 佐藤浩一”. 東海大学. 2015年1月16日閲覧。

外部リンク[編集]