佐藤治夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤 治夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県
生年月日 1947年
身長
体重
170 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

佐藤 治夫(さとう はるお、1947年 - )は、日本の元アマチュア野球選手(内野手)。実父は佐藤平七[1]

来歴[編集]

芦屋高校から法政大学に進学。東京六大学野球リーグでは在学中に3回優勝[2]。2年生から中村之保の後継として二塁手に定着、1967年秋季リーグから4季連続でベストナインに選出される。1年上の田淵幸一山本浩司らとともに活躍。1968年明治維新百年記念明治神宮野球大会に東京六大学野球リーグ代表として出場。最上級生となった1969年秋季リーグでも、同期のエース山中正竹を擁し優勝に貢献する。大学同期に山中の他、江本孟紀黒田正宏堀井和人山田克己らがいた。

卒業後は鐘淵化学に入社、都市対抗などの常連として活躍する。1972年産業対抗では井本隆らが好投し勝ち進む。準々決勝ではオール東鉄から3安打を記録、決勝に進むが日本石油の黒沢浪男に完封を喫する[3]。この大会の優秀選手賞を獲得。この時のチームメイトに大学後輩の藤村正美らがいた。1975年社会人野球日本選手権は主将として出場。準々決勝で九州産交から3点本塁打、宮田典計が全試合に先発し決勝に進む。決勝でも北海道拓殖銀行を1-0で降しチーム初優勝を飾った[4]。この大会でも優秀選手賞を獲得している。同年の社会人ベストナイン(二塁手)にも選出された。

脚注[編集]

  1. ^ 「日本社会人野球協会会報1975」日本社会人野球協会 1976年
  2. ^ 東京六大学野球連盟(記録)」(一財)東京六大学野球連盟
  3. ^ 「日本社会人野球協会会報1972」日本社会人野球協会 1973年
  4. ^ 「社会人野球日本選手権大会20年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1994年

関連項目[編集]