佐藤正英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 正英(さとう まさひで、1936年2月4日 - )は、日本の宗教学者・倫理学者、東京大学文学部名誉教授。専攻は、倫理学・日本倫理思想史。

長野県生まれ、1958年に東京大学文学部倫理学科卒、1965年同大学院博士課程単位取得満期退学、1978年東大文学部助教授、教授を経て、1996年定年退官し、2006年まで共立女子大学文芸学部教授(文学専攻文芸教養コース)を務めた。

著書[編集]

共著・校訂・監訳など[編集]

  • 『日本倫理思想史研究』 野崎守英共編 ぺりかん社 1983年
  • 『徹底討議 親鸞の核心をさぐる』 青土社 1992年
  • 『世界宗教事典』 ジョン・ヒネルズ 青土社 1999年
  • 「神はなぜ生まれたか」ほか オドン・ヴァレ 「神の再発見」双書1~4、創元社、監修
  • 甲陽軍鑑高坂昌信  ちくま学芸文庫 2006年
  • 『定本 歎異抄』 親鸞述 青土社 2007年
  • 五輪書宮本武蔵 ちくま学芸文庫 2009年
  • 『奇談雑史』 宮負定雄 ちくま学芸文庫 2010年。武田由紀子共同校訂 
  • 『定本 葉隠山本常朝田代陣基 ちくま学芸文庫(上中下)。校訂(吉田真樹監訳)、2017年