佐藤晃一 (ドイツ文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 晃一(さとう こういち、1914年3月4日 - 1967年7月7日)は、日本ドイツ文学者、元東京大学文学部教授。

人物[編集]

秋田県出身。旧制福岡中学(現福岡県立福岡高等学校)、福岡高等学校 (旧制)を経て、東京帝国大学独文科卒。

その後、兵役に就き、第一高等学校教授、東京大学教養学部助教授から、1948年文学部助教授、1961年教授、1967年主任教授となり日本独文学会理事長となるが、7月7日急逝した。

主としてトーマス・マンを研究した。1942年アドルフ・ヒトラーの『吾が闘争』の翻訳が刊行された際には、木村謹治相良守峯らとともにこれを絶賛し、戦後口を拭ってマンのナチスへの抵抗を礼賛した(池田浩士『ファシズムと文学』)。

著書[編集]

共著[編集]

翻訳[編集]

  • 白い女 カイザーリング 弘文堂書房 1941
  • ヘルマン・ヘッセ全集 第18巻 知と愛の物語 三笠書房 1941
  • ヘルマン・ヘッセ全集 決定版 第18巻 菩提樹 三笠書房 1942
  • 若き詩人への手紙 リルケ 地平社 1942 のち角川文庫
  • 詐欺師フェリックス・クルルの告白 トーマス・マン 地平社 1948 のち新潮文庫
  • 永遠なるゲェテ トオマス・マン 大日本雄弁会講談社 1949
  • 恋人ロッテ トオマス・マン 中央公論社 1951 のち新潮文庫
  • 夢ものがたり シュニッツラー 河出書房 1954 (市民文庫)
  • ファウスト博士誕生 トオマス・マン 新潮社 1954
  • 魔の山 トーマス・マン 三笠版現代世界文学全集 三笠書房 1955-1957
  • 声なき蜂起 ドイツ国民の抵抗運動の報告(1933-1945年) G.ヴァイゼンボルン 岩波書店 1956
  • キルケゴール著作集 人生行路の諸段階 白水社 1963-1964

脚注[編集]