佐藤昌介 (歴史学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 昌介(さとう しょうすけ、1918年1月24日 - 1997年5月16日)は、近世史学者、洋学史専攻。北海道生まれ。

松本高等学校文科甲類を経て、1943年東京帝国大学文学部国史学科卒、戦後、東北大学教養部教授、1981年定年退官、名誉教授。1962年「洋学史における主要問題 洋学と封建権力との関係をめぐって」で東北大学文学博士。1991年秋、勲三等旭日中綬章受勲。

従来、蘭学者の弾圧とされてきた蛮社の獄を、鳥居耀蔵江川英龍の対立によるものと位置づけ直した。

著書[編集]

  • 『洋学史研究序説 洋学と封建権力』岩波書店 1964
  • 『洋学史の研究』中央公論社 1980
  • 渡辺崋山』吉川弘文館(人物叢書) 1986、新装版1986
  • 『洋学史論考』思文閣出版(思文閣史学叢書) 1993
  • 高野長英』岩波新書 1997

校訂など[編集]

参考文献[編集]

  • 『アルペン颪 旧制高等学校物語 松本高校編』(財界評論新社 1967年)