佐藤方彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤方彦(さとう まさひこ、1932年12月4日 - )は、日本の人間工学者、九州芸術工科大学名誉教授。

略歴[編集]

北海道釧路市生まれ。1954年東京大学理学部生物学科卒、同大学院人類学専攻修了、1962年「運動の巧みさに関する研究」で理学博士。東京大学助手、日本女子体育大学助教授をへて、九州芸術工科大学教授[1]、2003年名誉教授。日本生理人類学会会長。2012年秋瑞宝中綬章受勲。専門は人間工学。

著書[編集]

  • 『人間工学概論』光生館 1971
  • 『人はなぜヒトか 生理人類学からの発想』講談社(ブルーバックス) 1985
  • 『人間と気候 生理人類学からのアプローチ』1987 中公新書
  • 『日本人の体質・外国人の体質 世界の人々とくらべてみよう』講談社 (ブルーバックス)1988
  • 『日本人の鼻はなぜ低い? 生理人類学の眼』日本経済新聞社 1990
  • 『人をはかる』日本規格協会(はかるシリーズ)1990
  • 『おはなし生活科学』日本規格協会 1994
  • 『おはなし生理人類学』日本規格協会 1997
  • 『感性を科学する』丸善出版 2011

共編著[編集]

  • 『人類学』島口貞夫共編著 逍遥書院 新体育学講座 1968
  • 『人間の生物学 現代人類学』共著 朝倉書店 1985
  • 『人間のはなし』編著 技報堂出版 1986
  • 『日本人の生理』編 朝倉書店 1988
  • 『住環境とヒト 生理人類学の視点』関邦博共編著 井上書院 1988
  • 『生活科学のすすめ』編著 井上書院 1988
  • 『日本人のはなし』編著 技報堂出版 1988
  • 『オフィス・アメニティ オフィスの生理人類学』編著 井上書院 1989
  • 『マンマシン・インターフェイス』編 朝倉書店 1989
  • 『イメージの世界 未来のプロフィール』編著 井上書院 1989
  • 『長生きのはなし』編著 技報堂出版 1990
  • 『生活文化論』編著 井上書院 1992
  • 『生理人類学概説』編著 技報堂出版 1992
  • 『デザインのはなし』1-2 編著 技報堂出版 1993
  • 『環境人間工学』勝浦哲夫共著 朝倉書店 1993
  • 『オフィス・アメニティのはなし』編著 技報堂出版 1995
  • 『最新生理人類学』編著 朝倉書店 1997
  • 『日本人の事典』編 朝倉書店 2003
  • 『人間を科学する事典 心と身体のエンサイクロペディア』編 東京堂出版 2005

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年