佐藤教郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 教郎(さとう のりお、1943年10月30日 - )は、日本実業家日立電線株式会社代表取締役社長や、同社取締役会長、社団法人日本電線工業会会長などを務めた。

人物・経歴[編集]

山形県長井市出身。1966年山形大学工学部機械工学科卒業、日立電線入社[1]。山形大学硬式野球部出身[2]。日立電線日高工場に34年間勤務し[1]、1996年からは日立電線日高工場長を務めた。1997年日立電線取締役に昇格。2000年日立電線パワーシステムズ代表取締役社長に就任。2002年日立電線常務取締役[3]。2003年から日立電線代表取締役社長を務め、アメリカ合衆国での生産拡大を進めるなどした[4]。2004年日本電線工業会会長[5]。2009年日立電線取締役会長[3]日本メタル経済研究所理事長[6]日本経済団体連合会理事なども務めた[7]

脚注[編集]


先代:
原精二
日立電線社長
2003年 - 2009年
次代:
今井光雄
先代:
石原廣司
日本電線工業会会長
2004年 - 2005年
次代:
富井俊夫