佐藤敏郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐藤 敏郎(さとう としろう、1853年3月2日(嘉永6年1月23日[1])- 1912年明治45年)6月19日[2])は、明治時代の政治家衆議院議員(1期)。

経歴[編集]

出羽国由利郡矢島藩領内(秋田県[2][3]由利郡矢島町[1]を経て現由利本荘市矢島町)で平治衛門の二男[1]として生まれる。矢島藩校・日新堂で学んだ[1]1874年(明治7年)上京し、慶應義塾に入る[3]。のち秋田県会議員に当選し、常置委員となり、副議長、議事課長を歴任した[3]。ほか、秋田県文書、地方、財務各課長を歴任した[2]

1890年(明治23年)7月の第1回衆議院議員総選挙では秋田県第3区から出馬し当選[2]。衆議院議員を1期務めた[2]。在任中は弥生倶楽部に所属した[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 『秋田人名大事典(第二版)』285-286頁。
  2. ^ a b c d e f 衆議院、参議院 編 1962, 212頁.
  3. ^ a b c 木戸 1890, 424頁.

参考文献[編集]