佐藤成順

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 成順(さとう せいじゅん、1932年 - )は、仏教学者、大正大学名誉教授。

東京市(現品川区)生まれ。1956年早稲田大学文学部東洋哲学科卒。59年同大学院文学研究科修士課程修了。1965年大正大学大学院文学研究科博士課程満期退学。大正大学講師、助教授、教授。94年「中国浄土教思想史の研究」で大正大学文学博士。2003年定年退任、名誉教授。三康文化研究所研究員。中国仏教が専門[1]

著書[編集]

  • 『中国仏教思想史の研究』山喜房仏書林 1985
  • 『宋代仏教の研究 元照の浄土教』山喜房佛書林 2001
  • 善導の宗教 中国仏教の革新』浄土宗出版 浄土選書 2006
  • 『宋代仏教史の研究』山喜房佛書林 2012

記念論文集[編集]

  • 『東洋の歴史と文化 佐藤成順博士古稀記念論文集』山喜房佛書林 2004

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『宋代仏教史の研究』著者紹介