佐藤成次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 成次(さとう なりつぐ、慶長4年(1599年) - 延宝3年3月28日1675年4月22日))は、江戸時代旗本、伊深佐藤氏旗本二代目(旗本寄合席)。通称・勘右衛門、与兵衛。官位は従五位下、駿河守。別名は吉次(よしつぐ)[1]。法名は宗智[2]。父は佐藤継成、母は佐藤忠能の娘。妻は大島光親の娘、後妻は内藤肥前守の娘。子に佐藤続成、石川忠英、娘(鈴木重次の妻)、娘(美濃部茂平の妻)、娘(島正信の妻→小笠原長住の妻)、養子に佐藤吉成(実弟)。

生涯[編集]

慶長19年(1614年徳川家康に拝謁し、大坂の役にも従い、小姓となる。後に書院番に移る[1]

寛永11年(1634年)11月4日に父・継成の遺跡を継ぎ、寛永16年(1639年)6月20日に下総国舟橋において御殿の修理奉行を務める。正保2年(1645年)2月17日、日光山諸堂社の修造奉行を務める。明暦元年(1655年)12月11日には駿河国薩埵山の道路の普請奉行を務める。寛文10年(1670年)10月28日、従五位下駿河守に叙任される[1]

後に職を辞して旗本寄合席に列し、延宝3年(1675年)3月28日死去。享年77。美濃国加茂郡伊深村の関山に葬られた[1]。戒名は了心院殿月皎宗智大居士。

逸話・人物[編集]

  • 伊深佐藤氏であり、旗本二代目伊深の領主となる。又多くの普請事業を行った。
  • 伊深領主となった時、関山国師の遺跡を復興し、伊深正眼寺を中興した功労者である[3]
  • 墓地は、岐阜県美濃加茂市伊深町にあり、本堂左山中に墓と御霊屋がある。宝蔵には佐藤家縁の甲冑や古文書が納められている [4]
  • 正眼寺には、成次の「佐藤吉次公坐像」が保存されている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 寛政重修諸家譜 巻第八百三十四
  2. ^ 富加町史 第四章 1伊深佐藤氏222-223頁
  3. ^ 『富加町史』223頁
  4. ^ 正眼短期大学研究紀要第5号(2008年) 佐藤成次(了心院)百五十年忌諸留/鈴木重喜

外部リンク[編集]