佐藤恵美 (精神保健福祉士)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 恵美(さとう えみ、1970年 - )は、日本の臨床心理学家、精神保健福祉士

人物[編集]

東京都出身。病院勤務などを経て現職。医療現場および社内のカウンセラーとして個別面談で多くのビジネスパーソンの悩みに向き合い、ストレスマネジメントについてアドバイスしている。また、島悟との共同研究や実践活動も多い。「働く人の安全と健康」に多数寄稿している。現在、数多くの企業・団体でメンタルヘルス研修の企画・講師を務めている。

略歴[編集]

  • 北里大学大学院医療系研究科修了
  • 産業精神保健研究所・神田東クリニック チーフマネージャー

著書[編集]

主な論文[編集]

  • 2003年 「事業場における労働者の心の健康づくりのための指針」の事業場外資源として, 産業ストレス研究 10/4,p245-249
  • 2004年 職業人によくある病気・悩みとその対応(特集 職場における心理臨床), 臨床心理学4/1,p63〜69
  • 2004年 早期受診の効用--うつ病と自殺の関連(特別企画 精神科受診), こころの科学115,p25〜29
  • 2004年 職場の組織風土の測定 : 組織風土尺度12項目版(OCS-12)の信頼性と妥当性, 産業衛生学雑誌46/6,p213-222
  • 2005年 職場で進めるメンタルヘルス(2)メンタルヘルス対策立案の前に--ニーズアセスメント, 働く人の安全と健康56/2,p192〜195
  • 2006年 うつ病労働者の受療行動に影響を与える要因, 産業衛生学雑誌48(臨時増刊),p694

関連事項[編集]

外部リンク[編集]