佐藤廣士 (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 廣士(さとう ひろし、1945年9月25日 - )は、日本実業家工学博士神戸製鋼所代表取締役社長、同社代表取締役会長、関西経済連合会副会長、日本鉄鋼連盟副会長、日本知的財産協会会長等を歴任。

人物・経歴[編集]

大分県日出町出身。大分県立杵築高等学校を経て、九州大学工学部金属学科卒業。表面処理分野研究室出身。1970年九州大学大学院工学研究科冶金学専攻修士課程修了[1]神戸製鋼所入社[2]。1983年「チタンの不働態化反応と局部腐食に関する研究」により九州大学工学博士の学位を取得[3]

神戸製鋼所では技術開発本部材料研究所長、開発企画部長、技術開発本部長を経て[4]、1996年取締役に昇格。常務、専務を経て、2004年代表取締役副社長[5]。2009年から代表取締役社長。2013年代表取締役会長[6]。2016年取締役相談役。同年相談役[7]。2018年顧問[8]

この間、2009年から日本鉄鋼連盟副会長[9]、2013年から関西経済連合会副会長[10]を務めたほか、住友電気工業取締役、大日本住友製薬取締役、日東電工取締役[11]日本知的財産協会会長[12]日本産業機械工業会副会長[13]等も歴任した。

脚注[編集]

[ヘルプ]


先代:
犬伏泰夫
神戸製鋼所社長
第19代:2009年 - 2013年
次代:
川崎博也
先代:
田中稔一
日本知的財産協会会長
2018年 -
次代:
(現職)