佐藤幸雄 (音楽家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 幸雄(さとう ゆきお、1959年2月24日 - )は、日本のミュージシャン

来歴・人物[編集]

1959年愛知県生まれ。高校時代オリジナル曲を演奏するために「女学生の友」を結成。1979年、佐野由枝らとの「生産体操」でステージデビュー、同年、高橋一彰、椎名健介を加えすきすきスウィッチに発展。

すきすきスウィッチはその後鈴木惣一朗がメンバーだったことで知られる。

PUNGO(パンゴ)くじらなどのオリジナルメンバー。

1992年ごろまで、個人名で歌と演奏、プロデュースなどを続ける。

2011年、再び活動を開始。2013年すきすきスウィッチのアルバムを3枚同時に鈴木惣一朗、POP鈴木と制作。

現在、ソロと並行して、二人会(二人の演奏家が同時にステージに立ち一曲ずつ交互に歌う音楽会)「佐藤幸雄とわたしたち」でのバンド活動。主にエレキギター。

また、1981−85年田中泯の舞塾に参加。田中泯や土方巽の音響も担当し、planBの運営にも携わっていた

音楽作品[編集]

佐藤幸雄とわたしたち[編集]

  • 『わたしたち』(レーベル:アルケミーレコード、2018年)

佐藤幸雄[編集]

  • 『名前はまだない』(2016年)※1曲入りCD-RW24枚組

すきすきスウィッチ[編集]

  • 『忘れてもいいよ』(レーベル:テレグラフレコード、1983年5枚組ソノシート:アートワークは祖父江慎)(2011年に完全盤CD化)
  • 『ケース・オブ・テレグラフ』(レーベル:テレグラフレコード、1983年)※オムニバスライブ盤
  • 『それでもはじめて』(レーベル:DIW/ディスクユニオン、2013年)
  • 『ここにきてはじめて』(レーベル:DIW/ディスクユニオン、2013年)
  • 『縁盤』(レーベル:DIW/ディスクユニオン、2013年)

PUNGO(パンゴ)[編集]

  • 『(PUNGO)パンゴ』(レーベル:ピナコテカレコード、1981年)

音楽作品(主なプロデュース)[編集]

  • 須山公美子『夢のはじまり』(1986年)
  • 割礼『ゆれつづける』(1990年)

音楽作品(主な楽曲提供)[編集]

著書[編集]

外部リンク[編集]

  • [1]佐藤幸雄ホームページ
  • [2]すきすきスウィッチホームページ