佐藤幸椰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐藤 幸椰
20190302 Seefeld SJ 9927
基本情報
誕生日 (1995-06-19) 1995年6月19日(27歳)
出身地 日本の旗 日本
北海道石狩市
身長 161cm
選手情報
クラブ 雪印メグミルクスキー部
使用メーカー スラットナー
最高記録 242.5m
ワールドカップ
シーズン 2015年 -
優勝回数 2
他の表彰台 2
表彰台獲得数 4
獲得メダル
男子 スキージャンプ
ノルディックスキー世界選手権
2019 ゼーフェルト 団体ラージヒル
アジア冬季競技大会
2017 札幌 個人ノーマルヒル
2017 札幌 団体ラージヒル
ユースオリンピック
2012 インスブルック 個人ノーマルヒル
最終更新日:2022年4月1日
テンプレートを表示

佐藤 幸椰(さとう ゆきや、1995年6月19日 - )は、北海道石狩市出身のスキージャンプ選手である。札幌日本大学高等学校を経て雪印メグミルクスキー部所属。

経歴[編集]

高校時代は全国高等学校スキー大会3連覇や、宮様スキー大会2年連続完全制覇など多くの記録を達成し、2014年4月に雪印メグミルクに入社した。

ワールドカップデビューは2015年1月23日の大倉山ジャンプ競技場で行われた札幌大会で、39位だった。翌日は43位だった。同年のジュニア世界選手権では個人戦4位、団体戦6位となった。

2015/16シーズンは、ニジニ・タギル大会で初めてワールドカップ遠征組に選ばれた。

2017/18シーズンは、ニジニ・タギル大会からワールドカップ遠征組入りし、2月のヴィリンゲン・ファイブヴィリンゲンでの予選と本戦5回のジャンプの合計得点を競う大会)以降は遠征組に定着した。このヴィリンゲン・ファイブでは1試合目で29位になり、自身初のワールドカップポイント獲得、2試合目で同シーズン最高位の11位となり、総合23位となった。

2018/19シーズンは、エンゲルベルク大会からワールドカップ遠征組入りし、年末年始に行われるスキージャンプ週間にて初出場を果たす。第3戦のインスブルック大会で6位となり、自身初のトップ10入りを果たす。ジャンプ週間では4大会とも30位以内に入り、総合12位となった。1月20日のザコパネ大会で3位となり、自身初の表彰台入りを果たした。同年の世界選手権代表にも選ばれ、男子ラージヒル団体では銅メダルを獲得するなど、4種目すべてに出場した。

2019/20シーズンは、サマーグランプリより参戦し、ザコパネ大会の個人戦3位、男子団体優勝[1]のメンバーとなった。続く白馬大会は1日目2位、2日目3位に入賞し、総合2位で終えた。冬はW杯開幕戦から遠征組に選抜され、第3戦のニジニ・タギル大会でワールドカップ初優勝を飾り、第17戦の札幌大会で2回目の優勝を果たすなどの成績を収め、総合13位でシーズンを終えた。

2020/21シーズンは、コロナ禍のため10月以降の開催となったサマージャンプ国内戦は7戦中、全日本選手権の2勝を含む優勝4回、2位1回でワールドカップへ向かった。ワールドカップでは5位3回など1桁順位に13回入り、総合11位の成績を挙げた。またフライングの団体戦では20年ぶり[2]の表彰台となる団体2位のメンバー[3]となった。世界選手権ではノーマルヒルでは1本目8位につけるも2本目で距離を伸ばせず16位、混合団体は5位だった。ラージヒルでは1本目4位につけたが、2本目は8位で7位だった。男子団体では、1本目で最長不倒の141m、2本目もヒルサイズの137m飛ぶ活躍を見せたが惜しくも4位だった。

2021/22シーズンは、サマージャンプ国内戦で3勝。サマーグランプリでは、9/25のヒンツェンバッハ大会で小林陵侑を抑えて優勝し[4]、日本勢2位の総合15位に入った[5]。全日本選手権はラージヒル2位[6]でワールドカップを迎えた。前半戦はジャンプ週間最終戦の4位を最高順位として1桁順位に4回入り、団体戦では2回表彰台に登るなどの活躍で、日本勢2位の総合14位で北京オリンピックに臨んだ。エースの小林陵侑とともに今大会のオリンピックスキージャンプ全種目に出場し、個人ノーマルヒル32位、混合団体4位、個人ラージヒル15位、男子団体5位だった。混合団体の1回目のジャンプでスーツ規定違反で失格になった高梨沙羅を気遣う一方[7]、男子団体では「力のある陵侑をメダル争いさせることができなかった」と悔しさをにじませた[8]。オリンピック後はフライング世界選手権ヴィケルスン大会では個人9位、団体6位のメンバーとなった。ワールドカップ最終戦(プラニツァ)大会では2位に入り、総合13位でシーズンを終えた。

主な競技成績[編集]

オリンピック[編集]

アジア冬季競技大会[編集]

世界選手権[編集]

  • 2019年ゼーフェルト大会 オーストリア
    • 個人ノーマルヒル 7位
    • 個人ラージヒル 21位
    • 団体ラージヒル Med 3.png3位(佐藤幸椰伊東大貴、小林潤志郎、小林陵侑)
    • 混合団体ノーマルヒル 5位(伊藤有希、佐藤幸椰、高梨沙羅、小林陵侑)
  • 2021年オーベルストドルフ大会ドイツの旗 ドイツ
    • 個人ノーマルヒル 16位
    • 個人ラージヒル 7位
    • 団体ラージヒル 4位(佐藤幸椰佐藤慧一、中村直幹、小林陵侑)
    • 混合団体ノーマルヒル 5位(伊藤有希、佐藤幸椰、高梨沙羅、小林陵侑)

フライング世界選手権[編集]

  • 2020年プラニツァ大会(スロベニアの旗 スロベニア
    • 個人 6位
    • 団体 5位(佐藤慧一、中村直幹、小林陵侑、佐藤幸椰
  • 2022年ヴィケルスン大会( ノルウェー
    • 個人 9位
    • 団体 6位(佐藤幸椰、中村直幹、小林潤志郎、小林陵侑)

ジュニア世界選手権[編集]

ワールドカップ[編集]

個人総合成績(総合:W杯シーズン個人総合、4H:スキージャンプ週間総合
シーズン 総合 4H 優勝 準優勝 3位 備考
2014/15 --- --- 0回 0回 0回 最高順位 39位
2015/16 --- --- 0回 0回 0回 最高順位 31位
2016/17 --- --- 0回 0回 0回 最高順位 36位
2017/18 45位 --- 0回 0回 0回 最高順位 11位
2018/19 23位 12位 0回 0回 1回
2019/20 13位 19位 2回 0回 0回
2020/21 11位 13位 0回 0回 0回 最高順位 4位
2021/22 13位 10位 0回 1回 0回
合計 --- --- 2回 1回 1回
個人表彰台
シーズン 開催日 開催地 HS 成績
2018/19 1月20日 ポーランドの旗 ザコパネ 140 3位
2019/20 12月7日 ロシアの旗 ニジニ・タギル 134 優勝(1)
2月1日 日本の旗 札幌 137 優勝(2)
2021/22 3月27日 スロベニアの旗 プラニツァ 240 2位
男子団体
シーズン 開催日 開催地 HS 成績 メンバー
2018/19 2月9日 フィンランドの旗 ラハティ 130 3位 佐藤幸椰 伊東大貴 小林潤志郎 小林陵侑
3月9日 ノルウェーの旗 オスロ 134 準優勝 佐藤幸椰 葛西紀明 小林潤志郎 小林陵侑
2019/20 12月14日 ドイツの旗 クリンゲンタールドイツ語版 140 3位 佐藤幸椰 伊東大貴 小林潤志郎 小林陵侑
2020/21 3月28日 スロベニアの旗 プラニツァ 240 準優勝 中村直幹 小林潤志郎 佐藤幸椰 小林陵侑
2021/22 1月9日 オーストリアの旗 ビショフスホーフェン 142 準優勝 佐藤幸椰 佐藤慧一 小林潤志郎 小林陵侑
1月15日 ポーランドの旗 ザコパネ 140 3位 佐藤幸椰 小林潤志郎 中村直幹 小林陵侑

サマーグランプリ[編集]

  • 通算 優勝1回、2位1回、3位2回、団体優勝1回、混合団体優勝1回(2021シーズン終了時)
シーズン 順位 ポイント
2015 80 7
2016 . 0
2017 . 0
2018 14 124
2019 2 294
2021 15 136

その他国際大会[編集]

国内大会[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]