佐藤垢石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1951年

佐藤 垢石(さとう こうせき、1888年明治21年)6月18日 - 1956年昭和31年)7月4日)は、日本のエッセイスト釣りジャーナリスト。本名は佐藤亀吉(さとう かめきち)。号の「垢石」とは釣り用語である。鮎は水中の石の表面につく水コケを食用とするが、鮎釣り師はこの水ごけを「垢」と呼び、垢の食べ跡を観察して魚の所在を判定するという。

人物[編集]

群馬県前橋市(当時の群馬県群馬郡東村)生まれ。報知新聞記者を経て文筆で独立し、「鮎の友釣り」「たぬき汁」など、釣りを中心とした多くの随筆を発表した。戦後は執筆だけでなく、雑誌「つり人」の初代編集人になるなど、現代釣りジャーナリズムの揺籃期の中心人物としても多大の貢献をした。

垢石は、釣りだけでなく旅、食、酒、艶笑譚、匿名の政界ゴシップ(「政界夜話」)などを盛んに執筆し、さらに代作者として関わった本もある(呉清源の随筆は話を聞いて佐藤が代筆したものとされる)。いずれでも、漢文的素養と市井の軽妙洒脱さをあわせ持った文章は独特の滋味にあふれている。純然たる文学者というよりは庶民派のエッセイスト、雑文家として過ごしたといえるが、その文章は井伏鱒二滝井孝作などの文学者にも評価された。

経歴[編集]

  • 前橋中学(現在の群馬県立前橋高等学校)で、校長排斥を要求しストライキを指導。退学処分を受ける。
  • 早稲田大学に入ったものの中退。その後、報知社(後の報知新聞社)の入社試験に合格し、入社。新聞記者となる。
  • 1928年(昭和3年)、報知社を退職し、文筆業に専念。
  • 1941年(昭和16年)、名随筆と評価が高い「たぬき汁」を発表する。
  • 1947年(昭和22年)、雑誌「つり人」の初代編集人となる。
  • 1956年(昭和31年)、死去。

著作[編集]

  • 「鮎の友釣」萬有社(1934)
  • 鮎釣の手引 どぶ釣と友釣 森田書房 1935
  • 「釣の本」改造社(1938)
  • 「随筆たぬき汁」墨水書房(1941)
  • 「釣歳時記」東京書房(1941)
  • 興亜の先駆者荒尾精 鱒書房 1941 (興亜人物伝叢書)
  • 人生の名人 墨水書房 1941
  • 「釣趣戯書」三省堂(1942)
  • 随筆耳舌〔チョウ〕談 桜井書店 1942
  • つり姿 鶴書房 1942
  • 狐火記 墨水書房 1942
  • 人間が苦労したころ 墨水書房 1942
  • 謀略将軍青木宣純 墨水書房 1943
  • きす・黒鯛・鱸釣 鶴書房 1943
  • たぬき汁 続 星書房 1946
  • 幽影物語 平和書房 1947
  • 「魔味談」雄鶏社(1948)
  • たぬき汁 続々 薫風書院 1948
  • 釣魚入門 川津書店 1950
  • 「魚の釣り方」大泉書店(1950)
  • 「垢石飄談」文藝春秋新社(1951)
  • 新たぬき汁 ジープ社 1951
  • 釣随筆 河出書房 1951 (市民文庫)
  • 泡盛物語 弘文堂 1951 (アテネ文庫)
  • 狸のへそ 要書房 1952
  • 鯰のあくび 白鴎社 1952
  • 狸の入院 六興出版社 1952
  • 河童のへそ 要書房 1952
  • 河童閑游 日本出版協同 1952
  • 垢石傑作選集 第1-3 日本出版協同 1953
  • 随筆天狗談 華頂書房 1953
  • たぬき人生 美女醇酒 要書房 1953
  • 日本島美女系図 朋文社 1955
  • うかれ河童 笑の泉社 1955
  • 垢石釣游記 二見書房 1977.7 (釣魚名著シリーズ)
  • 垢石釣り紀行 つり人社 1992.11 (つり人ノベルズ)
  • 垢石釣り随筆 つり人社 1992.9 (つり人ノベルズ)
  • 『たぬき汁』以後 つり人社 1993.8 (つり人ノベルズ)
  • 完本・たぬき汁 つり人社 1993.2 (つり人ノベルズ)

共著[編集]

  • 鮎釣 鈴木晃 鶴書房 1942
  • はや・やまべ釣 鈴木晃 鶴書房 1942
  • はぜ、ぼら釣 鈴木晃 鶴書房 1942
  • 鮒つり 鈴木晃 鶴書房 1942
  • 山女魚釣 鈴木晃 鶴書房 1942
  • 釣の少国民 鈴木晃 墨水書房 1943
  • 鯉・鰱・公魚釣 鈴木晃 鶴書房 1943
  • 釣百科 松崎明治 1938
  • 新釣百科 (上の改訂版) 大泉書房 1956

外部リンク[編集]