佐藤国司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐藤国司

佐藤 国司(さとう くにじ、1875年明治8年〉5月2日[1][2] - 1946年昭和21年〉6月[3] )は、大正から昭和時代前期の政治家新聞経営者。北海道釧路市長

経歴[編集]

千葉県匝瑳郡共興村(現・匝瑳市)出身[1]。佐藤鉄之助の長男[2]明治法律学校を経て、1904年(明治37年)東京法学院を卒業する[1]1909年(明治42年)釧路実業新聞を創刊し、白石義郎らと共に釧路実業調査会を設立する[1]1910年(明治43年)釧路町会議員当選を皮切りに、水産組合議員、漁業組合議員、北海道会議員、北海道参事会員を経て、1922年(大正11年)から釧路市会議員に2期当選する[1]

1928年(昭和3年)推挙され釧路市長に就任し、同市会議員を経て、1936年(昭和11年)同市長に再選した[1]。その後、1944年(昭和19年)8月、市長に返り咲いた[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 帝国自治協会 1938, 6頁.
  2. ^ a b 帝国秘密探偵社 1943, 北海道25頁.
  3. ^ 『全国歴代知事・市長総覧』日外アソシエーツ、2022年、10頁。
  4. ^ 『佐藤国司北海道釧路市長ニ任スルノ件』 - 国立公文書館デジタルアーカイブ、昭和19年8月16日。

参考文献[編集]