佐藤哲夫 (法学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 哲夫(さとう てつお、1955年 - )は、日本法学者。専門は国際法国際組織法広島市立大学広島平和研究所教授、一橋大学名誉教授。安達峰一郎記念賞受賞。

人物・経歴[編集]

静岡県浜松市出身。1978年一橋大学法学部卒業。1980年一橋大学大学院法学研究科修士課程修了。フルブライト奨学生としてフレッチャー法律外交大学院留学し、1984年修了、法律外交修士の学位を取得。同年一橋大学大学院法学研究科博士課程中退[1]

一橋大学法学部助手、同専任講師、同助教授を経て、1995年教授。1999年一橋大学大学院法学研究科教授。2018年定年退職、一橋大学名誉教授広島市立大学広島平和研究所教授。この間、パリ第2大学ロンドン大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスでも在外研究に従事[2][3][4]

専門は国際組織法で、1991年には「国際組織設立文書の解釈プロセス」により、安達峰一郎記念賞を受賞[5][6]。1994年には『国際組織の創造的展開 : 設立文書の解釈理論に関する一考察』により一橋大学博士(法学)の学位を取得した[7]。審査員は秌場準一筒井若水大谷良雄[8]

著書[編集]

  • 『国際組織の創造的展開 : 設立文書の解釈理論に関する一考察』勁草書房 1993年
  • "Evolving Constitutions of International Organizations, A Critical Analysis of the Interpretative Framework of the Constituent Instruments of International Organizations"Kluwer Law International 1996年
  • 『国際組織法』有斐閣 2005年
  • 『国内避難民と国際法』(共著)信山社出版 2005年
  • 『国連安全保障理事会と憲章第7章 集団安全保障制度の創造的展開とその課題』有斐閣 2015年
  • 『国際法の実践(小松一郎大使追悼)』(共著)信山社 2015年

脚注[編集]

  1. ^ 「著者略歴」『国際組織法』
  2. ^ 「著者略歴」『国連安全保障理事会と憲章第7章 集団安全保障制度の創造的展開とその課題』
  3. ^ 「佐藤 哲夫(サトウ テツオ)」一橋大学
  4. ^ [1]広島市立大学
  5. ^ 「佐藤 哲夫(サトウ テツオ)」一橋大学
  6. ^ 「奨学金制度と安達峰一郎記念賞」公益財団法人安達峰一郎記念財団
  7. ^ 一橋大学 , 博士 (法学) , 乙第128号 , 1994-05-18
  8. ^ 「博士論文要旨および審査要旨(長田彰文・佐藤哲夫・首藤素子)」一橋論叢 日本評論社 1-Sep-1994