佐藤友香 (フリーアナウンサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 友香(さとう ゆか、1983年9月9日 - )は、日本フリーアナウンサー圭三プロダクション(第17期圭三塾出身)を経て現在は湘南ケーブルネットワーク所属。血液型はA型。愛称は「ゆかっち」。 神奈川県平塚市出身。[1] 麻布大学環境保健学部環境政策学科卒業。

プロフィール[編集]

大学在学中、『みんなが出るテレビ』(以下・みんテレ。tvk)に 女子大生レポーターとして出演(この頃に圭三プロダクションと契約を結んだと思われる)。みんテレでは地元である平塚市に詳しいことから『平塚博士』の愛称で呼ばれていた[2]。レポート発表の際、愛称にちなんで眼鏡をかけて出演したり、自分の家族(両親と妹2人)をレポートに登場させたこともあった[3]。2006年3月に大学卒業と同時に番組を卒業 [4]。 他にも『大学駅伝2005~2006 FIGHT THE FUTURE』(文化放送箱根駅伝事前番組)のレポーターとして出演したこともある。2006年には湘南ひらつか七夕まつりの湘南ひらつか織り姫に選出され、その模様はみんテレでも紹介された[5]

その後、横浜ベイスターズの2軍チームである湘南シーレックスの応援番組『FAN FUNシーレックス』のレポーター、『Bun Bun Radio』(エフエム熱海湯河原)のパーソナリティーとして出演していたが、2007年3月に圭三プロダクションを退社。2007年7月7日放送のメレンゲの気持ち(日本テレビ)の1コーナー『石ちゃんの通りの達人』に平塚が取り上げられ、そこでは前年の湘南ひらつか織り姫の肩書きで石塚英彦と共演。2009年2月、FAN FUNシーレックスのレポーターを降板(後任はみんテレでも同期だった水木香)。ただし、シーレックスの応援は今後も続けていくことを番組のブログで明かしていた。

なお、TBSニュースバードに同姓同名のアナウンサーが出演しているが、キャスト・プラス所属の別人である[6]

出演番組[編集]

過去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平塚市出身のみんテレレポーターは佐藤のほかに清水麻耶フェリス女学院大学出身。現在は航空会社に勤務)、荒木麻里子静岡放送アナウンサー。明治学院大学出身。2007年10月から9ヶ月間アメリカカリフォルニア州へ留学)がいる。
  2. ^ 他にも自宅でヤーコンを栽培していることから、ヤーコンの愛称もある。
  3. ^ 2005年3月31日放送では、ホンダ・エディックス(当時、本田技研工業は番組のスポンサーに名を連ねていた)を運転しながら湘南地区で遊べるスポットを紹介したが、そのときも家族全員を乗せていた。
  4. ^ 2006年4月から3ヶ月間、再度番組のレポーターとして出演した。
  5. ^ 2006年7月20日放送にて。その後、上の妹が2008年度の湘南ひらつか織り姫に選出され、七夕まつり史上初の姉妹織り姫となった(詳細)。
  6. ^ 佐藤友香(キャスター)”. キャスト・プラス. 2015年4月23日閲覧。

外部リンク[編集]