佐藤八郎右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 八郎右衛門(さとう はちろうえもん、弘化3年3月7日1846年4月2日) - 明治42年(1909年)5月23日[1])は、日本の政治家蚕種業者。衆議院議員、初代長野市長は柏堂、忠恕。

来歴[編集]

信濃国小県郡上塩尻村(現長野県上田市)生まれ。幼名は勝彦。家業の蚕種業に従事し、明治5年(1872年)には上塩尻村の戸長となる。同8年(1875年)蚕種製造業上田組を設立して頭取に就任し、東京蚕種会事務局議員兼幹事、東京蚕種取締所委員として蚕種の改良と輸出振興に尽力した。同19年(1886年)には東京蚕種組合中央部長野県総代から長野県蚕糸業組合取締所副頭取となり、同29年(1896年)信濃蚕種業組合長に就任するなど、一貫して蚕種業の発展に尽力した。

政界にも進出し、明治11年(1878年)から長野県会議員、同19年(1886年)には議長を務めた。同25年(1892年)第2回衆議院議員総選挙に初当選し、同30年(1897年)初代長野市長に就任した。

脚注[編集]

  1. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』278頁。

出典[編集]

外部リンク[編集]