佐藤克文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 克文(さとう かつふみ、1967年 - )は、日本動物学行動生態学者、東京大学教授。

経歴[編集]

神奈川県に生まれる。1986年、京都大学農学部水産学科に入学する。1990年同学科を卒業し、同大学大学院農学研究科修士課程水産学専攻に進む。1992年同専攻を修了して、同研究科博士後期課程水産学専攻に進学し、1995年「産卵期アカウミガメの海洋における体温決定機構に関する研究[1]」で京都大学より博士(農学)を取得する。同年、京都大学研修員および平成7年度日本学術振興会特別研究員となる。

1997年に国立極地研究所研究系・助手に移り、総合研究大学院大学・助手を兼任した。2004年、東京大学海洋研究所国際沿岸海洋研究センターの助教授となる。2014年、同研究所(2010年に東京大学大気海洋研究所に改称)海洋生命科学部門行動生態計測分野教授に昇進する。

人物[編集]

物心つく前から昆虫や恐竜に興味を持ち小学4年生の時から釣りを始めた。その後淡水魚飼育などを通じて魚への強い関心を持ち、大学では水産学科へと進学する。大学時代にはサッカーに熱中していた。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 産卵期アカウミガメの海洋における体温決定機構に関する研究 (PDF) 」 - 京都大学学術情報リポジトリ

外部リンク[編集]