佐藤克之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 克之(さとう かつゆき、1963年2月24日 - )は、日本ライターコラムニスト東京都品川区出身。筆名(または愛称)として、初期はカーツ佐藤(かーつさとう)、近年はカーツさとうを用いることも多い。

経歴・人物[編集]

生誕後神奈川県横浜市へ転居し、横浜市立港南中学校神奈川県立港南台高等学校を卒業。明治大学二部中退。

大学受験に失敗。浪人時代に、雑誌『宝島』の投稿欄で常連投稿者となり、1980年、投稿欄に連載コラム「報道されなかった普通の受験生」を開始し、ライターとしてデビュー。2年の浪人後、明治大学夜間部に入学。だが大学にはほとんど行かなかった。

なお、浪人中に嵌頓包茎を、1年かけて自力でなおしたという。

その後『宝島』の連載コラム内で「新聞でみつけた変な老人の名前」をとりあげたところ、担当編集者の渡辺祐の注目するところとなり、これがきっかけとなって『宝島』の読書投稿コーナーが「町でみかけた変なものを紹介するコーナー」である「VOW」へ発展することとなる。

1980年代は「バカの佐藤」として、若者向け雑誌で「下品でエロ」なコラムを多数執筆し人気を博する。その他「ホットドッグ・プレス」でモデルとして携わる。また、ロックについての知識が一切ないままテレビ番組「東京ロックTV」で司会をおこなった。

1983年には『ビックリハウス』編集部でみうらじゅんと出会い、以来、親交を結ぶ。1994年に第1回の「みうらじゅん賞」を受賞。

『宝島』のライターでありながら、サブカルの知識はまったくなく、サブカルに造詣の深い編集者町山智浩とは犬猿の仲であった。ただ、本人は「町山とは犬猿の仲ではなく、一方的に町山をいじめていただけ」と発言したこともある。

1990年代前半に刊行されていたサブカル文化人によるコピー同人誌『PAPERS』にてみうらじゅんとともに女性との「やりまくり内容」を連載した。1991年には「カーツ佐藤の世界」をキー・コンセプトにテレビ神奈川で番組『かます』を放映する予定だったが、スポンサーからクレームが寄せられお蔵入りとなる。

1990年代以降はこれまでの路線を変更し、パソコンゲーム料理などの分野でライター活動を行っている。

1994年頃から「カーツさとう」を筆名として使用している。

著書[編集]

ゲーム[編集]

ビデオ等出演[編集]

※じゅんとカーツのてなもんや野球ゲームレビュー(みうらじゅんとの共演)

外部リンク[編集]