佐藤光信 (歯学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤光信
生誕 1940年9月20日[1]
居住 日本の旗 日本
研究分野 外科系歯学
研究機関 大阪大学徳島大学
出身校 大阪大学
プロジェクト:人物伝

佐藤 光信(さとう みつのぶ、1940年9月20日[1] - )は、日本歯科医師歯学者徳島大学名誉教授。元徳島大学歯学部口腔腫瘍制御学(口腔外科学第二)講座教授。元日本口腔組織培養学会会長。

経歴[編集]

1964年大阪大学歯学部卒業、1968年同大学院歯学研究科修了[2]。以後同大学助手、講師を努め、1980年より徳島大学口腔外科学第二講座(現、口腔腫瘍制御学)教授[2]。現在徳島大学名誉教授[3]

1969年、大阪大学より歯学博士号を得る。論文は「Rous肉腫のフェノール抽出物中のインターフェロン産生物質」[4]

著作[編集]


所属団体[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『歯学研究者名鑑2005年版』 監修 日本歯科医学会口腔保健協会東京都豊島区2005年3月30日、第1版第1刷、305頁。ISBN 4-89605-209-9
  2. ^ a b c d e f g h i j k 佐藤 光信 【研究者】”. J-GLOBAL. 科学技術振興機構 (2010年3月24日). 2012年8月14日閲覧。
  3. ^ 佐藤光信 他 『口腔外科学』 編集 白砂兼光古郷幹彦医歯薬出版東京都文京区2010年3月10日、第3版第1刷、執筆者一覧。ISBN 978-4-263-45635-4
  4. ^ 博士論文書誌データベース
  5. ^ 名誉会員”. 日本口腔科学会. 2012年8月14日閲覧。
  6. ^ 名誉会長・名誉会員”. 日本口腔腫瘍学会. 2012年8月14日閲覧。