佐藤佐藤治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 佐藤治(さとう さとうじ、1901年明治34年)1月8日 - 1965年昭和40年)1月20日)は、大正・昭和期の農民運動家。

1901年(明治34年)、新潟県生まれ[1]1925年(大正14年)、木崎村小作争議で検挙される[1]共産党に入党し、1928年(昭和3年)、三・一五事件で検挙される[1][2]

戦後、日本共産党に入党[1][2]農地解放闘争を指導し、党中央委員に選出されたものの、1950年(昭和25年)ダグラス・マッカーサーによって追放された[1][2]。1965年(昭和40年)、64歳で死去[2]。佐藤和藤治は実弟[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『コンサイス日本人名事典』577頁
  2. ^ a b c d e 佐藤佐藤治 とは - コトバンク

参考文献[編集]

  • 三省堂編修所 編『コンサイス日本人名事典』(三省堂,改訂版,1990)

関連文献[編集]