佐藤仁史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 仁史(さとう よしふみ、1971年 - )は、日本東洋史学者、一橋大学教授、公益財団法人東洋文庫研究員(客員)[1]オーラル・ヒストリーをはじめとするフィールドワークの方法を文献史学に導入したアプローチにより、中国近現代史や日中関係史を専門として研究している[1]

経歴[編集]

1995年に、慶應義塾大学文学部史学科東洋史学専攻を卒業して大学院へ進み、 2000年3月に慶應義塾大学大学院文学研究科博士後期課程史学専攻を単位取得退学した[1]。その後、財団法人東洋文庫奨励研究員などを経験した[1]

2001年滋賀大学教育学部講師となり、2004年に助教授に昇任し、2007年には制度変更により准教授となった[1]。この間、2003年10月に、「清末民初江南の地方エリートと地域統合」により、慶應義塾大学から博士(史学)学位を取得した[2]

2009年に、一橋大学大学院社会学研究科准教授、及び東洋文庫研究員(客員)となり、2014年一橋大学大学院社会学研究科教授へ昇任した。同年より中山大学歴史地理研究中心兼職研究員、『史志研究』編集委員会委員。2015年蘇州科技大学人文学院兼職教授。2016年香港浸会大学近代史研究中心オーバーシーズ・シニア・リサーチ・フェロー2017年香港中文大学歴史人類学研究中心リサーチ・フェロー、香港科技大学人文学院訪問学者[1]2018年、『歴史人類学学刊』編輯委員会委員。

2015年6月、『近代中国の郷土意識:清末民初江南の在地指導層と地域社会』に対して第1回井筒俊彦学術賞が授与された[3]

おもな著書[編集]

単著[編集]

  • 近代中国の郷土意識:清末民初江南の在地指導層と地域社会、研文出版、2013年(第1回井筒俊彦学術賞受賞)
  • 近代中国的郷土意識:清末民初江南的地方精英与地域社会、北京師範大学出版社、2017年

共著[編集]

  • 呉滔との共著)嘉定県事:14至20世紀初江南地域社会史研究、広東人民出版社、2014年
  • 呉滔、張舫澜、夏一紅との共著)垂虹問俗:田野中的近現代江南社会与文化、広東人民出版社、2018年 

共編著[編集]

  • 太田出との共編著)太湖流域社会の歴史学的研究:地方文献と現地調査からのアプローチ、汲古書院、2007年
  • (太田出、稲田清一呉滔との共編著)中国農村の信仰と生活:太湖流域社会史口述記録集、汲古書院、2008年
  • (太田出、藤野真子緒方賢一朱火生との共編著)中国農村の民間藝能:太湖流域社会史口述記録集 2、汲古書院、2011年
  • 氷上正、太田出、千田大介二階堂善弘戸部健山下一夫平林宣和との共編著)近現代中国の芸能と社会:皮影戯・京劇・説唱、好文出版、2013年
  • (太田出、長沼さやかとの共編著)中国江南の漁民と水辺の暮らし:太湖流域社会史口述記録集3、汲古書院、2018年

監修・解説[編集]

  • (沈潔、趙軍との共監修・解説)写真記録「満洲」生活の記憶(全6巻・別巻)近現代資料刊行会、2017-2018年

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 佐藤 仁史 (さとう・よしふみ)”. 一橋大学大学院社会学研究科・社会学部. 2016年6月16日閲覧。
  2. ^ 清末民初江南の地方エリートと地域統合 佐藤仁史”. 国立国会図書館. 2016年6月16日閲覧。
  3. ^ 文学部創設125年記念事業「井筒俊彦学術賞」「西脇順三郎学術賞」”. 慶應義塾大学. 2016年12月18日閲覧。