佐藤亮一 (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さとう りょういち
佐藤 亮一
Sato Ryoichi.JPG
生誕佐藤 亮一(さとう りょういち)
1924年大正13年)1月3日
大日本帝国の旗 大日本帝国東京府
死没 (2001-01-07) 2001年1月7日(77歳没)
日本の旗 日本
死因心不全
住居大日本帝国の旗 大日本帝国日本の旗 日本
国籍大日本帝国の旗 大日本帝国日本の旗 日本
出身校第一東京市立中学校(後の東京都立九段高等学校)卒業
早稲田大学中退
職業実業家
活動期間1946年 - 2001年
時代昭和時代前期 - 平成時代中期
活動拠点日本の旗 日本
肩書き新潮社第4代社長
新潮社名誉会長
任期1967年 - 1996年
前任者佐藤俊夫叔父・新潮社第3代代表取締役社長)
後任者佐藤隆信(新潮社第5代代表取締役社長
取締役会新潮社
子供佐藤隆信(子・新潮社第5代代表取締役社長
父:佐藤義夫新潮社第2代社長
親戚家族の一覧を参照
受賞藍綬褒章1986年
勲三等瑞宝章1991年

佐藤 亮一(さとう りょういち、1924年大正13年)1月3日 - 2001年平成13年)1月7日)は、新潮社の第4代社長東京府出身。

来歴・人物[編集]

第一東京市立中学校(後の東京都立九段高等学校)を卒業し、早稲田大学第一文学部独文科に進む。早大在学中の1946年昭和21年)に父・義夫が新潮社の第2代社長に就任。これに伴って亮一は大学を中退し同社副社長に就任する。1948年(昭和23年)から出版部長を兼務。1956年(昭和31年)、斎藤十一と共に『週刊新潮』を創刊、同誌の初代編集長を兼務した。

父の仕事先での急逝に伴い、1967年(昭和42年)に叔父俊夫会長となると同時に自身が第4代社長に就任する。1996年(平成8年)に息子・隆信に社長の座を譲り会長となった。2000年(平成12年)から名誉会長。2001年(平成13年)1月7日心不全で死去[1]享年77。

受賞歴[編集]

家族[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「週刊新潮を創刊」 読売新聞2001年平成13年)1月9日朝刊39面

外部リンク[編集]