佐藤亀太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 亀太郎(さとう かめたろう、1878年(明治11年)-1955年昭和30年))は、日本の政治家。帯広市(3期)。

略歴[編集]

1878年(明治11年)、秋田市に生まれる。1905年(明治38年)に法政大学法律科を卒業する。東京府庁を経て、北海道庁に勤務する。桧山支庁長、後志支庁長を歴任後、1922年大正11年)に退官する。

退官後、北海道製糖(現・日本甜菜製糖)に入り、常務取締役に就任する。1930年(昭和5年)から帯広町会議員、帯広市会議員を合わせて4期務める(このうち3期は議長)。

1947年(昭和22年)、帯広市長選に当選し、初の民選市長に就任する。3期連続当選するも、任期途中の1955年(昭和30年)に死去。

顕彰碑[編集]

帯広市役所駐車場横に顕彰が建立されている。

参考[編集]