佐藤亀八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 亀八郎(さとう かめはちろう、1871年明治4年)10月 - 1936年昭和11年)7月15日)は日本の政治家、実業家。貴族院議員宮城県農工銀行頭取、宮城県販売購買組合理事長。

略歴[編集]

1871年(明治4年)10月、宮城県に生まれる。宮城農学校和仏法律学校(現・法政大学)を卒業後、1903年(明治36年)に宮城県会議員(-1927年(昭和2年))に当選する。

1925年大正14年)に宮城県農工銀行頭取に就任し、1930年(昭和5年)に宮城県販売購買組合理事長に就任、1932年(昭和7年)に多額納税者として貴族院議員に選出される。

1936年(昭和11年)7月15日に死去、66歳。

参考文献[編集]