佐藤モニカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 モニカ(さとう モニカ、1974年8月21日 ‐ )は、日本歌人詩人小説家

概要[編集]

千葉県出身。竹柏会「心の花」会員。佐佐木幸綱に師事。ブラジル移民を題材とした詩・小説・児童文学も執筆している。

弟は落語家6代目玉屋柳勢(旧・柳亭市楽)。夫は名桜大学准教授の屋良健一郎[1]

略歴[編集]

著作リスト[編集]

単行本[編集]

詩集[編集]

  • サントス港(新星出版、2017年4月)
  • 世界は朝の(新星出版、2019年6月)
  • 一本の樹木のように(新星出版、2021年1月)

歌集[編集]

雑誌等掲載作品[編集]

小説[編集]

  • 「カーディガン」 - 『九州芸術祭文学賞作品集』45巻(九州文化協会、2015年3月)収録
    • 文學界』2015年4月号に転載された。
    • 『文学 2016』(日本文藝家協会編、講談社、2016年4月)に再録された。
    • 『小説って何だ 九州芸術祭文学賞五十周年記念最優秀作品集1970~2019』(九州文化協会編、忘羊社、2020年3月)に再録された。
  • 「コラソン」(『文學界』2015年9月号)
  • 「ジャカランダホテル」(『文學界』2017年3月号)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]