佐藤マコト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐藤 マコト
生誕 1963年????
日本の旗 日本東京都
職業 漫画家
受賞 第2回MANGA OPEN入選(『箱入り娘』)
テンプレートを表示

佐藤 マコト(さとう マコト、1963年[1] - )は、日本漫画家[1]東京都出身[1]。男性[1]鈴木由美子の専属アシスタントを経て、デビュー。

来歴[編集]

1963年に東京都で生まれる[1]。高校を卒業後、建築会社やアニメーションの会社で働く[1]。その後、雑誌の広告でアシスタント募集を見て、岡田ユキオのアシスタントとなる[1]。プロアシスタントとしていろいろな現場で経験を積み、1995年に読み切り『個人世界』が『ヤングマガジン増刊赤BUTA』(講談社)に掲載され、デビューを果たす[1]。1997年に『箱入り娘』が第2回MANGA OPENで入選する[1]

1999年、『モーニング新マグナム増刊』No.11より『サトラレ』の連載を開始[1]。同作は2001年に『サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS』のタイトルで実写映画化され、2002年にテレビドラマ化された[1][2]。2005年に『サトラレneo』の連載を開始[1]

2007年、『プレイコミック』の「創刊39周年記念連載攻勢第1弾」作品として、医療サスペンスを題材とした『逃亡医F』の連載を開始[1][3]。2009年11月、『コミックフラッパー』(メディアファクトリー)にて、「新時代を開く新連載」として4作品の連載が開始され、その1作として「ハートフルSFコメディ」の『轟け!鉄骨くん』をスタートさせる[4]

代表が本そういち、副代表が葉月京によるボランティア団体が主催する、34名の漫画家による子どもたちの未来のためのチャリティオークションが2010年1月から開催され、佐藤も参加[5]

2013年9月、『ヤングガンガン』(スクウェア・エニックス)18号より吸血鬼のラブコメディ『Qの系譜』の連載を開始[6]。2021年11月に『逃亡医F』のテレビドラマ化が発表される[7]

作品リスト[編集]

連載[編集]

読切[編集]

その他[編集]

  • 「June Bride ○○は俺の嫁!!」特集(『コミックフラッパー』2010年7月号[22]) - コメントとイラスト[22]
  • 東日本大震災被災地への応援メッセージイラスト(『コミックフラッパー』公式サイト2011年3月公開[23]) - 『フラッパー』の作家として寄稿[23]

活動など[編集]

  • 2011年7月8日、新宿ロフトプラスワンにて開催の『超人ロック』ファンイベント「超人ロック SPECIAL NIGHT 2011」にゲスト出演[24]
  • 2015年8月3日、赤松健GYAO!Jコミックテラスを設立し、記者会見が行われ、そこで赤松の事業に賛同する漫画家の1人として佐藤の応援メッセージが発表された[25]
  • 2016年3月20日、東京都立川市子ども未来センターにて、立川まんがぱーくのオープン3周年記念イベント「立川まんがぱーくまつり」を開催[26]。イベントのトークショーに佐藤が出演[26]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 電子書籍限定で配信。
  2. ^ 同時に連載前のデビュー作読み切りも配信された。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 佐藤 マコト(漫画家)”. マンガペディア. 2021年11月17日閲覧。
  2. ^ “「サトラレ」8月に舞台化、“サトラレ”を娘に持つ家族を描くオリジナルストーリー”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年6月17日). https://natalie.mu/comic/news/383688 2021年11月17日閲覧。 
  3. ^ 逃亡医F(漫画)”. マンガペディア. 2021年11月17日閲覧。
  4. ^ a b “フラッパー12月号「サトラレ」佐藤マコトほか4タイトルが連載開始”. コミックナタリー (ナターシャ). (2009年11月5日). https://natalie.mu/comic/news/23391 2021年11月17日閲覧。 
  5. ^ “西原、福本らが出品。子どもの未来のためのオークション”. コミックナタリー (ナターシャ). (2010年1月19日). https://natalie.mu/comic/news/26515 2021年11月17日閲覧。 
  6. ^ a b “「サトラレ」の佐藤マコト、ヤンガンで吸血鬼ラブコメ始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年9月6日). https://natalie.mu/comic/news/98765 2021年11月17日閲覧。 
  7. ^ “殺人容疑で逃亡を続ける天才外科医描く「逃亡医F」TVドラマ化、主演は成田凌”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年11月17日). https://natalie.mu/comic/news/453816 2021年11月17日閲覧。 
  8. ^ 『サトラレ(1)』(佐藤 マコト)”. 講談社コミックプラス. 2021年11月17日閲覧。
  9. ^ a b 『サトラレ(2)』(佐藤 マコト)”. 講談社コミックプラス. 2021年11月17日閲覧。
  10. ^ 『サトラレ(8)』(佐藤 マコト)”. 講談社コミックプラス. 2021年11月17日閲覧。
  11. ^ 『サトラレneo(1)』(佐藤 マコト)”. 講談社コミックプラス. 2021年11月17日閲覧。
  12. ^ 『サトラレneo(2)』(佐藤 マコト)”. 講談社コミックプラス. 2021年11月17日閲覧。
  13. ^ 『サトラレ〜嘘つきたちの憂鬱〜(1)』(佐藤 マコト、伊鳴 優子)”. 講談社コミックプラス. 2021年11月17日閲覧。
  14. ^ 『サトラレ〜嘘つきたちの憂鬱〜(4)』(佐藤 マコト、伊鳴 優子)”. 講談社コミックプラス. 2021年11月17日閲覧。
  15. ^ “「サトラレ」復活!思考ダダ漏れの女子高生と、彼女を見守る対策委員の青春劇”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年10月10日). https://natalie.mu/comic/news/303115 2021年11月17日閲覧。 
  16. ^ ヤングチャンピオン 2005年NO.19”. 2021年11月17日閲覧。
  17. ^ “水あさと、コミック専門書店員描く新連載がフラッパーで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年6月4日). https://natalie.mu/comic/news/50698 2021年11月17日閲覧。 
  18. ^ “「モーニング食」創刊、勇午カレー編や作家推薦の焼肉店”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年10月14日). https://natalie.mu/comic/news/58026 2021年11月17日閲覧。 
  19. ^ “モーニング食2号にラズウェル、安田弘之、和泉晴紀ら登場”. コミックナタリー (ナターシャ). (2012年7月23日). https://natalie.mu/comic/news/73400 2021年11月17日閲覧。 
  20. ^ a b “「超人ロック」50周年でアワーズにトリビュート読切、第1弾は佐藤マコト”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年11月30日). https://natalie.mu/comic/news/211304 2021年11月17日閲覧。 
  21. ^ “「超人ロック」太田垣康男ら参加のアンソロ&外伝本が本日“ロックの日”に”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年6月9日). https://natalie.mu/comic/news/236128 2021年11月17日閲覧。 
  22. ^ a b “秋★枝、青春らフラッパー連載陣が“俺の嫁”を競作”. コミックナタリー (ナターシャ). (2010年6月6日). https://natalie.mu/comic/news/32854 2021年11月17日閲覧。 
  23. ^ a b “竹本泉、柳原望らフラッパー連載陣の応援イラスト公開”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年3月31日). https://natalie.mu/comic/news/47098 2021年11月17日閲覧。 
  24. ^ “聖悠紀も出演、「超人ロック」ファンイベント7月に開催”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年5月16日). https://natalie.mu/comic/news/49492 2021年11月17日閲覧。 
  25. ^ “赤松健、電子書籍サイト刷新し51カ国語翻訳に対応!でんぱ組えいたそも応援”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年8月3日). https://natalie.mu/comic/news/155891 2021年11月17日閲覧。 
  26. ^ a b “立川まんがぱーく3周年イベント、トークショーに樹崎聖や大石浩二ら出演”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年3月17日). https://natalie.mu/comic/news/180094 2021年11月17日閲覧。 

外部リンク[編集]