佐藤のりゆき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さとう のりゆき
佐藤 のりゆき
プロフィール
本名 佐藤 則幸
愛称 のりさん
出身地 日本の旗 日本 北海道札幌市[1]
生年月日 (1949-11-18) 1949年11月18日(69歳)
血液型 B型
最終学歴 北海学園大学法学部
所属事務所 テレベック
職歴北海道放送アナウンサー
活動期間 1972年 -
ジャンル 情報番組
公式サイト 公式ホームページ
出演番組・活動
現在 なし
過去

のりゆきのトークDE北海道

大人のラジオ 土曜は朝からのりゆきです!

佐藤 のりゆき(さとう のりゆき、1949年11月18日 - )は、北海道札幌市出身のブロードキャスタージャーナリスト、ソムリエ ドヌール[2] 元アナウンサー。愛称は「のりさん」。

来歴[編集]

1949年 北海道旭川市生まれ。生後まもなく札幌へ。

1968年 北海道札幌北高等学校卒業。

1972年 北海学園大学法学部法律学科卒業。在学中、東京アナウンスアカデミーで修学。卒業後HBC北海道放送に入社、アナウンス部勤務。テレビ・ラジオのワイドショー、スポーツ実況などを担当。

1994年1月 HBCアナウンス部副部長を辞職し、フリーに転身。北海道初[要出典]のフリーキャスターとして各局のテレビラジオに出演。特に北海道文化放送(フジ系 ) の帯番組「のりゆきのトークDE北海道」のメイン司会を18年間・4300回務める。フリーキャスターに転身後、番組制作会社「株式会社テレベック」を設立、代表取締役に。

2010年6月 北海道大学創成研究機構客員教授に就任。(~2015年3月)

2012年 北海道独立研究会設立。豊かな北海道をめざし、北海道自立のための研究を進める。

2014年6月 道内の複数メディアによって旭川市長選出馬が報じられるが、本人は否定[3]

2015年4月 北海道知事選挙に立候補。114万6千票を獲得するが、現職の高橋はるみに敗れる。

過去の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

この番組で紹介した「脱パンツ健康法」で全国区となる。

CM[編集]

著書[編集]

  • 「佐藤のりゆきの新北海道デザイン 北海道自立のための すぐにやらなければならない!」  2014年 中西出版
  • 「佐藤のりゆきのぼくからの手紙」  2014年 中西出版
  • 「北海道共和国のオキテ100カ条」 水本香里と共同監修 2013年 メイツ
  • 「のりゆきの痛快放談」 小沢遼子東国原英夫などとの対談集 2012年 柏艪社
  • 「のりゆきの近未来経済」 2003年 北海道新聞社
  • 「のりゆきのこれがエッセイ!? 大いに笑って、チョッと泣いて」 1995年 テレベック
  • 脱パンツ健康法」 丸山淳士との共著。1991年 祥伝社ノンブック

講演[編集]

  • 講演回数は700回を超え、特にシンポジウムのコーディネートを得意とする。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 北海道大学創成研究機構
  2. ^ JSA 日本ソムリエ協会
  3. ^ 北海道新聞、2014年6月13日朝刊4頁 「地元・旭川の市長選出馬 佐藤のりゆき氏否定」
  4. ^ 「のりゆきさんラジオに復帰 古巣HBCで土曜生番組 4月開始」(2013年2月13日北海道新聞第4社会面・当日閲覧)

外部リンク[編集]