佐藤こうぞう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 こうぞう(さとう こうぞう、1956年11月27日 - )は、日本の飲食トレンドアナリスト。フードスタジアム株式会社代表取締役[1]

プロフィール[編集]

香川県観音寺市豊浜町出身。1979年早稲田大学政治経済学部卒業。

日本工業新聞記者を経て、1982年プレジデント社入社。雑誌「プレジデント」編集者を務めた後、1992年独立。 1997年の金融不祥事発覚の突破口となった「野村證券総会屋利益供与事件」をスクープした「月刊BOSS」(編集長代理)など、数々の雑誌創刊に関わった後、2000年6月、飲食スタイルマガジン「ARIgATT」を創刊。vol.11まで編集長をつとめる。

その後、「東京カレンダー」編集顧問を経て、2002年10月、フジテレビと提携し「MENUマガジン」を創刊。vol.3までエディトラルアドバイザー。

2003年1月より飲食業界ニュースサイト「フードスタジアム」を自社で立ち上げ、編集長をつとめる。 日本で初めて「レストランビジネス・ジャーナリズム」分野の開拓を目指す傍ら、飲食店プロデューサーとして「レストラントレンド」をテーマに講演・執筆を重ねている。 フードスタジアム株式会社を渋谷区代々木に設立、CEO編集長に就任。株式会社カシェット代表取締役。2012年より女性のための美酒美飲スタイル誌「バッカンテ」を双葉社より創刊。編集長就任。

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ フードスタジアム株式会社 会社概要

外部リンク[編集]