佐竹研一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐竹 研一(さたけ けんいち、1943年 - 2016年12月18日)は、日本の環境学者

高知県生まれ。土佐高等学校卒業。名古屋大学大学院理学研究科博士課程修了。理学博士。環境庁国立環境研究所酸性雨研究チーム総合研究官を経て、立正大学地球環境科学部環境システム学科教授、中国廈門大学客員教授。

学歴[編集]

  • 1963年(昭和38年) 3月 土佐中学校・高等学校卒業
  • 1972年(昭和47年) 3月 名古屋大学大学院理学研究科博士課程満了。
  • 1980年(昭和55年)11月8日 理学博士(名古屋大学)、「無機酸性湖潟沼の物質代謝に関する陸水学的研究」( 乙 1920)

職歴[編集]

  • 1974年(昭和49年) 4月 東京大学海洋研究所海洋生化学研究室 研究員
  • 1975年(昭和50年)10月 国立公害研究所計測技術部生体化学計測研究室 研究員
  • 1992年(平成 4年)10月 国立環境研究所地球環境研究グループ 総合研究官
  • 2004年(平成16年) 4月 立正大学地球環境科学部 教授
  • 2015年(平成27年) 3月 同 定年退職

その他          中国廈門大学客員教授、東京大学非常勤講師

専門分野[編集]

  • 生物地球化学

学会などにおける活動[編集]

  • 生物地球化学研究会会長
  • 雑誌「地球環境」編集委員
  • 環境省酸性雨対策検討委員会委員
  • 酸性雨国際学会 Acid rain 200 実行委員長
  • NHK科学大好き木曜塾アドバイザー