佐村・トラヴィス・幹久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トラヴィス (佐村・トラヴィス・幹久)
Samuratoravis 20160320.JPG
阪神育成選手時代
(2016年3月20日 阪神鳴尾浜球場にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県宜野湾市
生年月日 (1993-10-09) 1993年10月9日(25歳)
身長
体重
193 cm
91 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 ドラフト6位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

佐村・トラヴィス・幹久(さむら・トラヴィス・みきひさ、1993年10月9日 - )は、沖縄県宜野湾市出身の元プロ野球選手投手)である。

実父はアメリカ人NPBでは、横浜DeNAベイスターズに在籍していた2014年シーズンから、ミドルネームの「トラヴィス」を登録名に用いていた。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学6年から軟式野球を始めた。普天間中学では、3年時から投手を務めた[1]

沖縄県立浦添商業高等学校に進学すると、2年時夏の沖縄県予選で初登板し最速142km/hをマークした。しかし、秋以降は成長痛の影響もあり登板が減少[1]。3年時夏の沖縄県予選では、背番号16で主にリリーフとして登板。自己最速の144km/hをマークするも、チームは3回戦で中部商業高に延長13回の末に4-5で敗退した。

2011年10月27日、プロ野球ドラフト会議横浜ベイスターズから6巡目で指名。11月19日に、契約金2000万円、年俸480万円(金額は推定)という条件で契約した。背番号は68

DeNA時代[編集]

2012年には、一・二軍を通じて1試合も登板しないまま、11月1日に球団からいったん戦力外通告を受けた。翌2013年からの育成選手契約への移行を念頭に置いた措置のはずだったが、実際には、球団フロントがトラヴィスに翌年の契約書を記入させた後で戦力外を通告。通告後に球団がNPBへ確認したところ、「支配下登録選手と育成選手契約を結ぶためには、戦力外通告を経なければならない」という野球協約の規定に抵触することが判明した。このような球団側の不手際によって、トラヴィスは一時、自由契約選手扱いで12球団合同トライアウトの参加やDeNA以外の球団への移籍が可能な状況に置かれた[2]。トラヴィス自身は、野球協約での規定に沿って、トライアウト終了後の11月9日にDeNA球団との間で育成選手契約を締結[3]。背番号も114に変更した。

2013年には、イースタン・リーグ公式戦4試合に登板。0勝1敗、防御率2.70という成績を残した。シーズンの終了後には、NPBから自由契約選手として公示[4]された後に、11月19日に育成選手として再契約へ至った[5]

2014年には、1月7日に登録名をトラヴィスへ変更[6]。イースタン・リーグ公式戦では、ストレートで最速151km/hを計測した。しかし、公式戦にはこの試合へ登板しただけ[7]で、10月3日に戦力外通告を受けた[8]10月31日付で、NPBから自由契約選手として公示。

阪神時代[編集]

2014年11月12日に、阪神タイガースがトラヴィスと契約したことを発表した。育成選手としての契約[9]で、背番号は118

2015年には、阪神球団がBCリーグ福井ミラクルエレファンツと業務提携を結んだことを背景に、同リーグの後期限定(7月1日から9月30日まで)で福井に派遣[10]。福井では、主に先発投手として[11]、リーグ戦17試合に登板した。その一方で、派遣前にはウエスタン・リーグ公式戦4試合へ登板。1勝0敗、防御率0.50という成績を残した。故障に見舞われ続けたDeNA時代から一転して、故障と無縁[12][11]でシーズンを終えられたことから、11月13日には育成選手としての再契約に至った[13]

2016年には、ウエスタン・リーグ公式戦1試合に登板したが、10月1日に球団から戦力外を通告[14]10月31日に、NPBから自由契約選手として公示された[15]

阪神退団後[編集]

NPB他球団での現役続行を希望していることから、2016年11月12日には、阪神球団の本拠地阪神甲子園球場で開催の12球団合同トライアウトに参加。参加42投手で最後に登板すると、シートバッティング形式で対戦した打者3人を無安打に抑えるとともに、1つの三振を奪った[16]

2017年からは福井時代に同僚だった野原祐也が監督を務める社会人チーム・OBC高島に入団した。

2018年をもって社会人チーム・OBC高島を退部した。

選手としての特徴・人物[編集]

投手経験は浅いながらも、193cmの長身から投げ下ろす最速151km/hのストレートと落差のあるフォークが武器[17]

詳細情報[編集]

独立リーグでの投手成績[編集]










































W
H
I
P
2015 福井 17 0 0 2 0 .000 121 23.2 22 0 25 4 17 4 1 21 17 6.46 2.03
通算:1年 17 0 0 2 0 .000 121 23.2 22 0 25 4 17 4 1 21 17 6.46 2.03

背番号[編集]

  • 68 (2012年)
  • 114 (2013年 - 2014年)
  • 118 (2015年 - 2016年)
    • 20 (2015年、BC福井派遣時)

登録名[編集]

  • 佐村・トラヴィス・幹久 (さむら・トラヴィス・みきひさ、2012年 - 2013年)
  • トラヴィス (2014年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 浦添商・佐村トラヴィス幹久“魅惑”の11球”. スポニチ Sponichi Annex (2011年6月20日). 2012年5月24日閲覧。
  2. ^ DeNA初の契約更改で恥ずかしいミス 2選手自由契約に 他球団移籍も”. スポーツニッポン (2012年11月2日). 2015年11月13日閲覧。
  3. ^ DeNA ドタバタの末に…古村、佐村を育成選手に”. スポーツニッポン (2012年11月9日). 2015年11月13日閲覧。
  4. ^ 2013年度 自由契約選手(育成選手) 日本野球機構オフィシャルサイト 2013年11月3日閲覧。
  5. ^ 【DeNA】佐村再契約 1軍登板目指す”. 日刊スポーツ (2012年11月19日). 2012年11月19日閲覧。
  6. ^ 登録名変更および背番号変更・決定のお知らせ”. 横浜DeNAベイスターズ公式サイト (2014年1月7日). 2014年1月7日閲覧。
  7. ^ ファーム 投手成績”. 横浜DeNAベイスターズ公式サイト (2014年9月27日). 2014年10月8日閲覧。
  8. ^ 2015年度選手契約について”. 横浜DeNAベイスターズ公式サイト (2014年10月3日). 2014年10月8日閲覧。
  9. ^ 育成選手契約について球団公式サイト2014年11月12日配信
  10. ^ 福井ミラクルエレファンツ (2015年3月10日). “阪神タイガースとの業務提携のお知らせ”. http://www.m-elephants.com/010_news/detail.php?id=769 2015年3月10日閲覧。 
  11. ^ a b 岡本育子 (2015年3月10日). “BCリーグ訪問記★阪神から派遣中のトラヴィス投手、もと阪神の西村憲投手《阪神ファーム》”. Yahoo!ニュース. http://bylines.news.yahoo.co.jp/okamotoikuko/20150820-00048501/ 2015年11月13日閲覧。 
  12. ^ 阪神・トラヴィス、2試合連続0封「故障もなく投げられている」”. サンケイスポーツ (2015年5月12日). 2015年11月13日閲覧。
  13. ^ 阪神タイガース (2015年11月13日). “育成選手との再契約について”. http://hanshintigers.jp/news/topics/info_4056.html 2015年11月11日閲覧。 
  14. ^ 来季の選手契約について”. 阪神タイガース公式サイト (2016年10月1日). 2016年10月1日閲覧。
  15. ^ 自由契約選手(育成選手)”. 日本野球機構公式サイト (2016年10月31日). 2016年11月1日閲覧。
  16. ^ “65人が参加/12球団合同トライアウト詳細”. 日刊スポーツ. (2016年11月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1736002.html 2016年11月13日閲覧。 
  17. ^ プロ野球ドラフト会議”. 横浜ベイスターズ (2011年11月25日). 2012年2月10日閲覧。

関連項目[編集]