佐志房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐志 房(さし ふさし、生年未詳 - 文永10年(1274年10月)は鎌倉時代中期の武将。松浦党肥前国松浦郡佐志村の地頭

鎌倉幕府より将軍家下文を受け、東国御家人に準ずる存在として地頭を務める。元寇において、文永10年(1274年)10月16日、文永の役佐須浦に3万数千人の蒙古軍が現れた。松浦党は松浦郡で蒙古軍と戦ったと見られ、数百人が犠牲となり、佐志房と子息の直(なおす)、留(とむる)、勇(いさむ)も討ち死にした。その後、遺領をめぐって直の子熊太丸と勇の娘久曽(くそ)が争っている。(『有浦文書』弘安2年10月8日関東下知状)

参考文献[編集]

  • 村井章介 『北条時宗と蒙古襲来』 NHK出版、2000年。

関連項目[編集]