佐岡真弐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐岡 真弐(さおか しんじ、1982年11月7日 - )は日本のアメリカンフットボール選手。大阪府生まれで、現在は福岡県在住。好物はソーキそば

略歴[編集]

東陶器小学校泉ヶ丘東中学校を経て、桃山学院高等学校に進学。アメリカンフットボール部でキャップテンをしていた兄佐岡聖二、元立命館、元シルバースターの薦めでアメリカンフットボール部に所属。2年生の時に関西代表に選抜されるなど頭角を現し、3年生の時にはアシュランド高校(米国)遠征の日本代表メンバーに選出され、関西で有数のプレイヤーとなる。

関西学院大学に進学後、1年次よりレギュラーとして出場し、2001年の対アサヒ飲料チャレンジャーズ戦を制し優勝。 4年次にはキャプテンを勤め、2年次と3年次に敗北を喫した立命館大学を破り優勝した。

卒業後はアサヒビールシルバースターに所属し、2007年ワールドカップ川崎の日本代表選手に選抜されるも、決勝で米国に敗れ2位。

現在1児の父。息子は4000gで生まれる。

足のサイズは27cm。

趣味は焼酎を煽ること、一人で一升を呑むこともある。

人物像[編集]

幼少期からボーイスカウトエレクトーンなどに興じており、アメリカンフットボール以外にも多彩な趣味を持つ。