佐伯美穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐伯美穂
Miho Saeki
Tennis pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 アメリカ・ニューヨーク
居住地 日本・東京
生年月日 (1976-03-18) 1976年3月18日(43歳)
身長 168cm
体重 57kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1994年
引退年 2008年
ツアー通算 4勝
シングルス 0勝
ダブルス 4勝
生涯通算成績 429勝348敗
シングルス 291勝227敗
ダブルス 138勝121敗
生涯獲得賞金 $600,516
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(1998・99)
全仏 3回戦(1998)
全英 2回戦(1999)
全米 2回戦(1998)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(1996)
全仏 2回戦(1997・99)
全英 2回戦(1997・98)
全米 ベスト8(1998)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 56位(1998年6月8日)
ダブルス 49位(1997年7月7日)

佐伯 美穂(さえき みほ, 現姓:萬田、1976年3月18日 - )は、日本の女子プロテニス選手。WTAツアーでシングルスの優勝はないが、ダブルスで4勝を挙げた。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。自己最高ランキングはシングルス56位、ダブルス49位。アメリカニューヨーク市出身。藤村女子高校卒業。

来歴[編集]

11歳からテニスを始め、高校卒業後の1994年4月にプロ入りする。1995年4月の「ジャパン・オープン」女子ダブルスで吉田友佳とペアを組み、杉山愛長塚京子のペアを 6-7, 6-4, 7-6 で破って初優勝を飾った。1996年11月にタイパタヤ市の大会で、吉田とのペアでダブルス2勝目を達成。1997年全豪オープンから4大大会に挑戦を始める。佐伯の4大大会シングルス自己最高成績は1998年全仏オープン3回戦進出であるが、この年は全豪オープン2回戦で杉山愛と“日本人対決”を繰り広げたり、全米オープン2回戦でアメリ・モレスモに挑戦するなどの活躍があった。ダブルスでは1998年全米オープン吉田友佳と組みベスト8に進出した。

1999年全豪オープン2回戦では第12シードのアンナ・クルニコワと対戦した。クルニコワが「31本」のダブル・フォールトを連発したが佐伯も攻め切れず、試合は 1-6, 6-4, 10-8 でクルニコワの勝利となった。

佐伯はこの年のウィンブルドン2回戦でアマンダ・クッツァーに敗れた後、足の故障のためいったん現役引退を表明した。しかし2000年9月に復帰を決意し、同年11月に全日本テニス選手権の混合ダブルスで復活優勝を果たす。復帰後は4大大会の本戦出場はないが、女子テニスツアー下部組織の小規模な大会で活躍を続けてきた。全日本テニス選手権では、2003年に女子ダブルスで吉田友佳とペアを組んで優勝し(この組は1997年以来、6年ぶり2度目の優勝となった)、2004年は女子シングルス決勝で中村藍子を 7-6, 6-4 で破って初優勝を飾った。2005年2月のメンフィス大会では9年ぶりのダブルス4勝目を挙げた。

2006年全豪オープンは久々の4大大会挑戦となったが、予選の2回戦で敗退した。(4大大会の予選は、3試合を勝ち抜かないと本戦出場資格を得られない。)

2007年4月に右手を手術した。復帰を目指していたが2008年11月に現役を引退して結婚している。現在は一児の母である。

WTAツアー決勝進出結果[編集]

ダブルス: 4回 (4勝0敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 1995年4月16日 日本の旗 東京 ハード 日本の旗 吉田友佳 日本の旗 杉山愛
日本の旗 長塚京子
6-7, 6-4, 7-6
優勝 2. 1996年10月20日 中華人民共和国の旗 北京 ハード 日本の旗 雉子牟田直子 日本の旗 細木祐子
日本の旗 Kazue Takuma
7–5, 6–4
優勝 3. 1996年11月24日 タイ王国の旗 パタヤ ハード 日本の旗 吉田友佳 スロベニアの旗 ティナ・クリザン
日本の旗 宮城ナナ
6-2, 6-3
優勝 4. 2005年2月20日 アメリカ合衆国の旗 メンフィス ハード
(室内)
日本の旗 吉田友佳 アメリカ合衆国の旗 ローラ・グランビル
アメリカ合衆国の旗 アビゲイル・スピアーズ
6-3, 6-4

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 通算成績
全豪オープン A LQ 1R 2R 2R A A LQ A A A LQ 2–3
全仏オープン LQ LQ 1R 3R 1R A A LQ A LQ A LQ 2–3
ウィンブルドン LQ LQ 1R 1R 2R A A LQ A LQ A LQ 1–3
全米オープン A LQ 1R 2R LQ A A LQ LQ LQ A LQ 1–2

外部リンク[編集]