佐伯恵達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐伯 恵達(さえき えたつ、1924年 -2007年 )は日本僧侶、浄土真宗本願寺派長昌寺住職、高校教諭

略歴[編集]

宮崎県宮崎市のお寺の家に生まれる。9歳で得度し仏門に入る。龍谷大学に入学するが、在学中に学徒出陣陸軍少尉終戦を迎える。終戦後龍谷大へ復学。1951年同大学大学院修了。

宮崎県立宮崎大宮高等学校宮崎県立宮崎南高等学校宮崎県立宮崎東高等学校などで教鞭をとる。定年後は宮崎女子短期大学講師を務める。

著書[編集]

  • 『色は匂へど』(鉱脈社、1985年)
  • 廃仏毀釈百年 虐げられた仏たち』(鉱脈社、1988年)
  • 万葉集と仏教思想 古代インド語でわかる万葉歌』(鉱脈社、1992年)
  • 『宮崎方言版小倉百人一首』(鉱脈社、2003年)
  • 『仏教宇宙物語 空・0(永遠の命)の世界』(鉱脈社、2006年)