佐伯夕利子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐伯 夕利子(さえき ゆりこ、1973年10月6日-)は、日本サッカー指導者。イランテヘラン生まれ。スペイン在住。日本大学鶴ヶ丘高等学校卒業。

経歴[編集]

航空会社勤務の父親の転勤に伴い、日本、台湾、スペインと住まいを転々とする。

スペインに移住した1992年、スペイン語習得を兼ねて現地のサッカークラブに入団。翌1993年には、指導者の道に進むため、現地のサッカー指導者スクールに入る。ちなみに、その時同じスクールの1年先輩だったのが幸谷秀巳(元アルテ高崎監督)である。

1995年、スペインサッカー協会公認NIVEL I、NIVEL IIを相次いで取得。レアル・マドリードの下部組織など、ジュニア・ユース世代の指導を担当する。

また、西澤明訓RCDエスパニョールに移籍した際や、レアル・マドリード、サッカースペイン代表が来日した際の通訳、J SKY SPORTS(現J SPORTS)で放送されていたリーガ・エスパニョーラ中継のコーディネーターを務めたことがある。

2003年、日本人および女性として初めてNIVEL III(JFAS級ライセンスに相当)を取得。同年、リーガ・エスパニョーラ3部「プエルタ・ボニータ」の監督に就任する。リーガ・エスパニョーラのトップチームの監督に就任した日本人および女性も彼女が初めてである。

2004年アトレティコ・マドリード女子Bチームの監督に就任。その後、女子トップチームのスカウティング・育成部門、女子Cチーム育成副部長を担当。

2007年バレンシアCFトップチームのセクレタリーに就任したが、2008年4月に解任される。

2008年9月よりビジャレアルCFの育成部スタッフとなる。2009年8月からはユースAチームコーチングスタッフアシスタントとなる。

スペインでは、指導現場の傍ら、スペイン遠征やサッカー留学等をコーディネートするスポーツ・ビジネス会社“OFFICE25"を経営。 スペイン及び日本においてサッカークリニック、講演会、専門誌へのコラム寄稿、試合の実況解説なども務める。

2018年3月、Jリーグを運営する(公社)日本プロサッカーリーグの特任理事(非常勤)に選任される[1]2020年3月、(公社)日本プロサッカーリーグの常勤理事となり、スペインを離れ日本に帰国することになった[2][3]


日本では「JFAこころのプロジェクト 夢先生」の肩書も持つ。

書籍[編集]

  • 情熱とサッカーボールを抱きしめて(湯川カナ著、フィールドワイ)ISBN 4901722611

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “理事・監事、特任理事選任の件” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2018年3月27日), https://www.jleague.jp/release/post-52933/ 2020年3月12日閲覧。 
  2. ^ “理事・監事、特任理事選任の件” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年3月12日), https://www.jleague.jp/release/post-63147/ 2020年3月12日閲覧。 
  3. ^ “理事選任にあたってのコメント” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年3月12日), https://www.jleague.jp/release/post-63151/ 2020年3月12日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]