佐伯ラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐伯ラーメン

佐伯ラーメン(さいきラーメン)は、大分県佐伯市ご当地ラーメンである[1]。醤油豚骨系スープに太麺が特徴[2][3]

店によって差異も大きいが「佐伯ラーメンの元祖的存在」と呼ばれる「香蘭」の佐伯ラーメンは「しょっぱい。油っこい。ニンニクパウダーとコショウ多目。スープ少な目」と評されている[4]。具材としては、チャーシューチップ、ゴマネギモヤシが定番となっている[1]

佐伯市では、昔から漁業造船業といった汗をかく仕事が多い土地柄であった。そのため、塩分補給を考慮した塩気が強い佐伯ラーメンが生まれたと言われている[2]。また、他地域との交流が少なかったため、周辺地域の大分市内のラーメンや宮崎ラーメンとは異なる独自の路線になったのではないかと言われている[4]

2013年にはラーメン評論家大崎裕史監修により明星食品からカップ麺「明星 大崎裕史の美味しさ新発見! 大分佐伯醤油豚骨ラーメン」が発売された[1]

2013年より大崎の勧めで東京ラーメンショーに出品。2013年は総合3位、2014年は総合4位を獲得している。2014年は1万杯以上を提供した[5]

2015年には大分県技術・市場交流プラザ佐伯が「佐伯のラーメンマップ」のWebサイトを開設し、普及活動に力を入れている[3]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c ラーメン評論家をうならせた、大分県の「佐伯ラーメン」がBIGカップに!”. マイナビニュース (2013年3月1日). 2016年6月28日閲覧。
  2. ^ a b 野瀬泰申 (2014年7月18日). “第185回 大分県ご当地グルメ(その4) ほっぺたにカボスが当たって大痛けん。”. 日本経済新聞電子版. 2016年6月28日閲覧。
  3. ^ a b 大分「佐伯ラーメン」マップ、サイトでまず41店”. 日本経済新聞電子版 (2015年3月11日). 2016年6月28日閲覧。
  4. ^ a b ラーメンウォーカーグランプリ2015”. ラーメンWalker. 2016年6月28日閲覧。
  5. ^ 大崎裕史 (2015年3月6日). “「大分佐伯ラーメン」ついに東京へ! (2/2ページ)”. ZAKZAK. 2016年6月28日閲覧。

外部リンク[編集]