佐伯ラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐伯ラーメン

佐伯ラーメン(さいきラーメン)は、大分県佐伯市ご当地ラーメンである[1]。醤油豚骨系スープに中太ゆる目の麺が特徴[2][3]。店によっては豚骨と魚介のダブルスープ(魚介には地元特産のいりこダシを使用)とする場所もある。


概要[編集]

味の継承としては閉店した「上海」「香蘭」や、現存する「藤原来々軒」の影響を受け、少しずつではあるが店によって組み立てが異なる。

大きくとらえると「しょっぱい、油っこい、ニンニクパウダー、コショウ多目、麺ゆる目、スープ少な目」や[4]、トッピングとして、チャーシューゴマネギモヤシの中から最低4、5項目が配されると佐伯ラーメンと定義づけられる[5]


歴史[編集]

佐伯市では、昔から漁業造船業といった汗をかく仕事が多い土地柄であった。加えて山が近いため、朝には海風が吹き上げて、夕暮れなどは吹きおろしの強い陸風が吹く。そのため、暖かく塩分補給を考慮した塩気が強い佐伯ラーメンが生まれたと言われている[2]。また、他地域との交流が少なかったため、周辺地域の大分市内のラーメンや宮崎ラーメンとは異なる独自の路線“ガラパゴスな進化を遂げた”のではないかと言われている[6]


メディア・広域展開など[編集]

2013年にラーメン評論家大崎裕史監修により明星食品からカップ麺「明星 大崎裕史の美味しさ新発見! 大分佐伯醤油豚骨ラーメン」が発売された[7]

2013年にローソンからレンジ温めタイプ「ローソン佐伯ラーメン」が発売された。

2013年から2016年と2019年、大崎の勧めで東京ラーメンショーに出品。ラーメンのプロデュースは東京都新宿区高田馬場の「渡なべ」店主、渡辺樹庵。2013年は総合3位、2014年は総合4位を獲得している。2014年は1万杯以上を提供した[8]

2015年には大分県技術・市場交流プラザ佐伯が「佐伯のラーメンマップ」のWebサイトを開設し、普及活動に力を入れている[9]

2015年に東京都豊島区池袋、ラーメン王の石神秀幸の「極麺selection第4弾」として「大分佐伯ラーメン」が約1年出店された。プロデュースは東京都新宿区高田馬場の「渡なべ」店主、渡辺樹庵。

2015年に佐伯ラーメン店主と市民が一体となって情報を発信共有する地元グループとして「佐伯ラーメンFAN」が発足。

2016年に神奈川県横浜市港南区下永谷に佐伯ラーメン専門店の「niるい斗」がオープン。プロデュースは東京都新宿区高田馬場の「渡なべ」店主、渡辺樹庵。


エピソード[編集]

「自称日本一ラーメンを食べた男」の大崎裕史が佐伯ラーメンを初めて食したのは2001年の「大分県南部地方にあるマニアックなラーメン店ツアー」が最初で、「香蘭」のラーメンを食べ終えて表で待っている間にまた食べたくなったと記述している。後に大崎が監修した明星食品の「明星 大崎裕史の美味しさ新発見!大分佐伯醤油豚骨ラーメン」を製作するにあたり2012年にも来佐し、「香蘭」「遊楽」「楽天」等を食べ歩いた。


2004年に閉店した「上海」直系の店が2016年に大分県旦野原にオープン。店主の古戎浜喜は上海の常連で、上海女将よりレシピを受け継いだ。諸事情で一旦閉店したものの、2018年に古戎の次男、古戎喜紀が受け継ぎ再オープンした。


「ラーメン研究家」の石山勇人は大分のラーメン本製作のため度々来佐しているが「佐伯ラーメンだけは、久留米からの流れか?九州豚骨圏にあって、どの系譜を持っているのか見当がつなかい」ほど独特のラーメンとのこと。


「大分佐伯ラーメン」として全国へのイベント参加をするときは基本的に渡なべ店主の渡辺樹庵がプロデュースしているが、渡辺の佐伯ラーメン好きは有名で、2018年の閉店した「香蘭」は渡辺の中では特に贔屓店であった。ちなみに渡辺が初めて香蘭を食したのは全国のラーメン食べ歩きをしていた大学時代(食べ歩き開始は高校1年時)。当時の大分県の交通網は疲弊しており、空港から佐伯に来るには4時間以上を要し「二度と来ることはないと思った」と後述している。また、当時、まだ営業していた「上海」が定休日で食べ損なったことを後悔している。

大分佐伯ラーメンのイベント出店履歴

2013 東京ラーメンショー

2014 東京ラーメンショー、大阪ラーメンEXPO

2015 ふくしまラーメンショー、東京ラーメンショー

2016 東京ラーメンショー

2017 岩手ラーメンフェス、つくばラーメンフェス、ラーメン優駿2017秋の陣

2018 名古屋ラーメンまつり、全国ラー麺フェスin長崎、全国らーめん祭りin静岡、ラーメン女子博in大阪

2019 東京ラーメンショー、ミヤテレラーメンライブ


出典・脚注[編集]

  1. ^ ラーメン評論家をうならせた、大分県の「佐伯ラーメン」がBIGカップに!”. マイナビニュース (2013年3月1日). 2016年6月28日閲覧。
  2. ^ a b 野瀬泰申 (2014年7月18日). “第185回 大分県ご当地グルメ(その4) ほっぺたにカボスが当たって大痛けん。”. 日本経済新聞電子版. 2016年6月28日閲覧。
  3. ^ 大分「佐伯ラーメン」マップ、サイトでまず41店”. 日本経済新聞電子版 (2015年3月11日). 2016年6月28日閲覧。
  4. ^ ラーメンウォーカーグランプリ2015”. ラーメンWalker. 2016年6月28日閲覧。
  5. ^ ラーメン評論家をうならせた、大分県の「佐伯ラーメン」がBIGカップに!”. マイナビニュース (2013年3月1日). 2016年6月28日閲覧。
  6. ^ ラーメンウォーカーグランプリ2015”. ラーメンWalker. 2016年6月28日閲覧。
  7. ^ ラーメン評論家をうならせた、大分県の「佐伯ラーメン」がBIGカップに!”. マイナビニュース (2013年3月1日). 2016年6月28日閲覧。
  8. ^ 大崎裕史 (2015年3月6日). “「大分佐伯ラーメン」ついに東京へ! (2/2ページ)”. ZAKZAK. 2016年6月28日閲覧。
  9. ^ 大分「佐伯ラーメン」マップ、サイトでまず41店”. 日本経済新聞電子版 (2015年3月11日). 2016年6月28日閲覧。

外部リンク[編集]