佐井好子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐井好子
出生名 同じ
生誕 (1953-06-22) 1953年6月22日(64歳)
出身地 日本の旗 日本奈良県
学歴 同志社大学[1]
ジャンル J-POP
活動期間 1975年 - 1979年
2001年 -
レーベル テイチク(1975年 - 1977年)
日本コロムビア(1977年 - 1979年)
Pヴァイン・レコード(2008年 - )
公式サイト [1]
赤い鳥[1]

佐井 好子(さい よしこ、1953年6月22日-)は奈良県出身の歌手作曲家詩人である。1975年、アルバム『萬花鏡』でデビュー。1979年音楽活動停止[1]、2001年再開。

略歴[編集]

1953年奈良県に生まれる。中学生の時はコーラス部に所属していた[1]

1972年京都市立芸術大学を受験するも不合格となり、同志社大学に進学。大学在学時から詩作、作曲をはじめた[1]。楽曲をラジオ番組などに応募したことがきっかけで、中山ラビのコンサートでフロントアクトをつとめた[1]。その後オファーのあったテイチクと契約し、1975年にファーストアルバム『萬花鏡』をリリース。

1977年、所属レーベルをテイチクから日本コロムビアに移籍し、『胎児の夢』をリリース[2]。また同時期には詩集『青いガラス玉』(婦人生活社)を出版したほか、映画『夢野久作の少女地獄』の主題歌も担当した[2]

1979年に音楽活動を停止。2001年に音楽活動再開。

2008年Pヴァイン・レコードより、30年ぶりとなるオリジナルアルバム『タクラマカン』をリリース。山本精一芳垣安洋、早川岳晴らが参加。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 二十才になれば(1975年8月25日)
  • 人のいない島(1976年7月25日)
  • 春の夢(1977年10月1日)
  • 青いガラス玉(2015年6月上旬)。詩集「青いガラス玉」(2003年復刻版)付属のボーナスCD-R(映画「少女地獄」挿入歌のフルバージョン、デビュー前のデモ、未発表ライブ2曲の計4曲収録)を通常版のCDとして再発。

アルバム[編集]

  • 萬花鏡(1975年8月25日)
  • 密航(1976年7月25日)
  • 胎児の夢(1977年9月25日)
  • 蝶のすむ部屋(1978年12月25日)
  • crimson voyage(2001年8月25日)JOJO広重とのコラボレートアルバム。
  • タクラマカン(2008年2月2日)
  • 佐井好子LIVE 1976/79(2008年2月15日)

詩集[編集]

  • 青いガラス玉(1977年10月1日)- 2003年12月10日復刻

CD-R[編集]

  • 「紅い花」、「密航」(タワーレコードでの購入特典。いずれもライブ音源)
  • 「きらきら」、「ひとよ酒」、「日傘をさしたら」(ディスクユニオンでの購入特典。いずれも未発表曲)
  • 「絹の道」、「逢魔ヶ時」(アルケミー・ミュージック・ストアーでの購入特典。「佐井好子LIVE 1976/79」に未収録のライブ音源)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『萬花鏡(再発版)』解説より(執筆:JOJO広重)。
  2. ^ a b 『胎児の夢(再発版)』解説より(執筆:JOJO広重)。

外部リンク[編集]