佐久間英利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
さくま ひでとし
佐久間英利
生誕 (1952-10-01) 1952年10月1日(65歳)
日本の旗 日本千葉県木更津市
出身校 早稲田大学政治経済学部
職業 銀行家

佐久間英利(さくま ひでとし、1952年(昭和27年)10月1日 - )は、日本の銀行家。千葉銀行代表取締役頭取

来歴・人物[編集]

千葉県木更津市出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、千葉銀行に入行。竹山正頭取体制下においては、東京都東部や茨城県南部などへの営業拡大を担ったほか、資産運用やリスク管理にも精通しているとされる。

2009年、代表取締役頭取に就任。就任後は副頭取制を廃止し同期入行である3人を取締役・専務執行役員に選出。営業、企画管理、審査の各ユニット統括長に任命するなど経営体制の見直しを図った[1][2]

2012年6月、全国地方銀行協会会長に就任。2017年6月、2度目となる地銀協会長に就任した[3]

略歴[編集]

  • 千葉県立木更津高等学校卒業[4]
  • 1976年(昭和51年)- 早稲田大学政治経済学部卒業後、千葉銀行入行。
    • 以降、経営企画部副部長、市場営業部長、経営企画部長等を歴任する。
  • 2003年(平成15年)6月- 同取締役経営企画部長。
  • 2006年(平成18年)6月- 同取締役常務執行役員本店営業部長。
  • 2007年(平成19年)6月- 同取締役常務執行役員。
  • 2009年(平成21年)3月- 同代表取締役頭取。
  • 2012年(平成24年)6月- 全国地方銀行協会会長。
  • 2017年(平成29年)6月 - 全国地方銀行協会会長。

脚注[編集]

  1. ^ 日本経済新聞 2009年5月16日
  2. ^ 日本経済新聞 2009年1月28日
  3. ^ “地銀協の佐久間英利会長が就任会見 「地方創生の仕上げ」と抱負”. 産経ニュース. (2017年6月14日). http://www.sankei.com/economy/news/170614/ecn1706140024-n1.html 2017年6月17日閲覧。 
  4. ^ 木更CoN