佐世保市立日野小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐世保市立日野小学校
過去の名称 山口尋常高等小学校日野分教場
相浦尋常高等小学校日野分教場
日野尋常小学校
日野国民学校
国公私立の別 公立学校
設置者 佐世保市
設立年月日 【分教場】
1909年明治42年)5月23日
【独立】
1941年昭和16年)4月1日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 858-0923
長崎県佐世保市日野町1308番地
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

佐世保市立日野小学校(させぼしりつ ひのしょうがっこう, Sasebo City Hino Elementary School)は、長崎県佐世保市日野町にある公立小学校。略称「日野小(ひのしょう)」。

概要[編集]

歴史
1909年明治42年)に「山口尋常高等小学校日野分教場」として開校。1941年昭和16年)に「日野尋常小学校」・「日野国民学校」として独立した。独立した1941年(昭和16年)を創立年としており、2011年平成23年)に創立70周年を迎えた。
教育目標
1. かけがえのない命を大切にする心豊かな児童の育成を図る
2. 児童一人一人の基礎学力の確実な定着と向上を図る
3. 困難にもくじけることなく互いに切磋琢磨し合うたくましい児童の育成を図る
校章
佐世保市章を背景にして、校名の「日野」の文字(縦書き)を置いている。
校歌
1959年(昭和34年)制定。作詞は中川龍一、作曲は長谷川良一による。歌詞は2番まであり、各番に校名の「日野小学校」が入る。
校区
住所表記で佐世保市の後に「日野町、星和台町、長坂町、椎木町、鹿子前町(一部)」が続く地域。中学校は佐世保市立日野中学校校区。

沿革[編集]

分教場時代
  • 1909年(明治42年)5月23日 - (山口村立)「山口尋常高等小学校日野分教場」が開設され、尋常科2年までの児童84名を収容。
  • 1920年大正9年)5月20日 - 教室を増築し、尋常科6年までの児童を収容。
  • 1930年昭和5年)4月3日 - 山口村が町制施行で相浦町が発足したため、(相浦町立)「相浦尋常高等小学校日野分教場」に改称。
  • 1938年(昭和13年)4月1日 - 相浦町が佐世保市に編入されたため、佐世保市立の小学校となる。
独立
  • 1941年(昭和16年)
    • 3月31日 - 相浦尋常高等小学校から分離し、「日野尋常小学校」として独立。
    • 4月1日 - 国民学校令の施行により、(佐世保市立)「日野国民学校」に改称。8学級、児童数は393名。
    • 11月3日 - 校旗を制定。
  • 1945年(昭和20年)3月31日 - 校区が改定され、長坂地区の児童が赤崎国民学校に転出。母ヶ浦地区の児童が相浦国民学校から転入。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施)により、「佐世保市立日野小学校」(現校名)が発足。
校区改定により、母ヶ浦地区の児童が佐世保市立相浦小学校に転出。

アクセス[編集]

最寄りの鉄道駅
最寄りのバス停
  • 西肥自動車(西肥バス) 「星和台南」・「日野小学校入口」・「日野中央」バス停
最寄りの国道・県道

周辺[編集]

参考資料[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]