佐々木龍 (競輪選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
トラックレース
日本の旗 日本
アジア自転車競技選手権大会
2009 カリマンタン オムニアム
2010 シャールジャ マディソン
2011 ナコンラチャシマ 団体追抜

佐々木 龍(ささき りゅう、1990年10月31日 - )は、日本競輪選手、自転車競技選手。神奈川県横浜市出身。日本競輪学校第109期卒業。日本競輪選手会神奈川支部所属。師匠は実父の佐々木龍也。このほか弟の眞也(しんや)、和紀(かずき)がともに日本競輪学校(現・日本競輪選手養成所)第117期入学試験に合格[1]、養成所で選手候補生として競輪選手デビューを目指している。

戦績[編集]

横浜高等学校在校時、2008年全国高等学校総合体育大会自転車競技大会大宮競輪場)・3kmインディヴィデュアル・パーシュート(3km個人追い抜き)で優勝[2]している。

2009年早稲田大学スポーツ科学部[3]へ進学し、第29回アジア自転車競技選手権大会のオムニアムで3位となる。

2010年には第30回アジア自転車競技選手権大会のマディソンで元砂勇雪とペアを組み3位。またACCトラックアジアカップ(函館競輪場)ではオムニアムで優勝する。

2011年には第31回アジア自転車競技選手権大会の団体追抜で3位となった。

その後大学卒業後に日本競輪学校へ入学することを目指したが、中距離向きの脚質だったことから2回不合格となる[4]。しかし豊岡弘の紹介により長崎県立鹿町工業高等学校の職員として自転車競技を続け、109期の試験に合格し日本競輪学校へ入学する。在校成績は12勝の6位で卒業。2016年7月11日取手競輪場でデビューし、翌日に初勝利を挙げ、翌々日にはA級チャレンジ決勝で優勝している。

脚注[編集]

  1. ^ 第117回生徒 主なる合格者 (PDF)”. keirin.jp (2019年1月17日). 2019年5月19日閲覧。
  2. ^ 高校総体-栄光の記録
  3. ^ 早稲田ウィークリー・2011年10月27日
  4. ^ 「先行、まくりで上へ」 2世競輪選手佐々木龍、11日デビュー - カナロコ・2016年7月8日

外部リンク[編集]