佐々木順一朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐々木 順一朗
学校法人石川高等学校 監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県
生年月日 (1959-11-10) 1959年11月10日(62歳)
選手情報
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
指導者歴

佐々木 順一朗(ささき じゅんいちろう、1959年11月10日 - )は、宮城県出身の高校野球指導者及び社会科教員。仙台育英学園高校硬式野球部部長・監督を経て、現在は学校法人石川高校硬式野球部監督。

経歴[編集]

東北高等学校では甲子園にエースとして2回出場。2年生時の1976年夏の選手権では準々決勝に進むが、海星高酒井圭一に抑えられ敗退[1]。翌1977年春の選抜は2回戦で丸亀商に敗れる[2]。同年夏の県予選でも決勝に進むが、肩を痛めており、1年下の薄木一弥(電電東北)にマウンドを譲り一塁手に回る。しかし仙台育英大久保美智男に、延長12回の接戦の末0-1で完封を喫し、甲子園出場を逃す。高校同期に外野手及川美喜男がいた。

早稲田大学に進学。卒業後は電電東北を経て1993年仙台育英学園高等学校の硬式野球部部長に就任。1995年8月2日竹田利秋監督が夏の甲子園(第77回大会)を最後に勇退することと自身が監督に就任することが発表された。旧名は佐々木 淳

2001年第73回選抜高等学校野球大会では、東北勢初の決勝進出を果たした(相手は常総学院高等学校で、6-7で惜敗した)。同年夏の第83回全国高等学校野球選手権大会にも出場したが、7月に起こった不祥事を報告しないまま出場したために、9月1日から6ヶ月の謹慎処分を受け9月に辞任[3]2003年春に監督へ復帰した。2015年の第97回全国高等学校野球選手権大会に出場し、佐藤世那を擁して決勝まで進出したが、東海大相模高校との決勝では、小笠原慎之介と投げ合いながら139球で完投したものの、6-10で惜しくも敗れ東北の悲願全国制覇(白河の関越え)を逃した。春の甲子園に6回、夏の甲子園には13回出場。主な戦績は、春準優勝1回、夏準優勝1回、国体優勝1回、明治神宮野球大会優勝2回。

2017年12月6日同校野球部員が飲酒並びに喫煙をしていたことがわかり[4]12月10日に不祥事の責任を取る形で同校野球部監督を辞任し、翌年3月31日付で退職した[5]

2018年9月25日学法石川の監督に就任することが発表された。同年11月9日から同校の指揮を執る。

指導方針[編集]

モットーは「本気になれば世界が変わる」で、夏の甲子園に仙台育英が出場する年の『週刊朝日』の甲子園増刊号に掲載される監督紹介では、過去に何度もこの言葉が紹介された。

自身は選手の勧誘は一切行なっておらず、有望中学生であってもプレーを見ない[6]。また野球留学についても否定的である[6]

指導した主な選手[編集]

著書[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ 甲子園高校野球人名事典p131-p132、森岡浩、東京堂出版、2004年、ISBN 978-4490106503
  4. ^ 仙台育英野球部員らの飲酒喫煙問題、年内にも裁定か”. 日刊スポーツ online. 2018年2月14日閲覧。
  5. ^ 仙台育英・佐々木監督が学校も退職、既に退任表明も”. 日刊スポーツ online. 2018年2月14日閲覧。
  6. ^ a b 仙台育英・佐々木監督語る “県外出身者”勧誘に消極的な理由”. 日刊ゲンダイ. 2016年2月15日閲覧。