佐々木誠造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐々木誠造
ささき せいぞう
生年月日 (1932-10-30) 1932年10月30日(88歳)
出生地 日本の旗 日本 青森県北津軽郡五所川原町
(現青森県五所川原市)
出身校 早稲田大学第一理工学部工業経営学科卒業
親族 祖父・佐々木嘉太郎(貴族院議員)

当選回数 1回
在任期間 2005年4月24日 - 2009年4月23日

Flag of Aomori, Aomori.svg (新) 青森市職務執行者
在任期間 2005年4月1日 - 2005年4月23日

Flag of Aomori, Aomori.svg (旧) 青森市長
当選回数 4回
在任期間 1989年5月 - 2005年3月31日
テンプレートを表示

佐々木 誠造(ささき せいぞう、1932年昭和7年)10月30日 - )は、日本政治家。前青森市長。旧青森市長を4期(新設合併により途中失職)、新設合併した青森市長を1期務めた。コンパクトシティ構想を推進。

人物[編集]

青森県北津軽郡五所川原町(現五所川原市)の地主で、佐々木銀行頭取佐々木彰造の長男[1]青森銀行頭取二代佐々木嘉太郎の孫[1][2]

2003年5月木村守男青森県知事セクハラ疑惑で辞任後、有力な後任候補と言われ、自民党青森県連から出馬要請があったが辞退。その為、県連は三村申吾(当時:衆議院議員)に白羽の矢を立てた。

初出馬した1989年5月の(旧)青森市長選挙で長崎昭義(当時:青森放送報道制作局報道部長、元:代表取締役社長会長)により、日本初の出口調査が取り入れられた。

略歴[編集]

選挙結果[編集]

2005年(新)青森市長選挙[編集]

※当日有権者数:252,255人 最終投票率:52.37%(前回比:-pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
佐々木誠造72無所属71,418票54.5%-
奈良岡央48無所属54,606票41.7%-
中村康一54無所属4,972票3.8%-

2009年青森市長選挙[編集]

※当日有権者数:248,256人 最終投票率:56.63%(前回比:+4.26pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
鹿内博61無所属72,401票51.8%-
佐々木誠造76無所属54,155票38.8%-
関良51無所属13,184票9.4%-

脚注[編集]

  1. ^ a b 『大衆人事録 第14版 北海道・奥羽・関東・中部篇』青森9頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年11月20日閲覧。
  2. ^ 『人事興信録 第15版 上』サ3頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年11月20日閲覧。
  3. ^ 青森市長選挙 - 2005年04月24日投票 | 青森県青森市” (日本語). 選挙ドットコム. 2021年6月16日閲覧。
  4. ^ 青森市長選挙 - 2009年04月19日投票 | 青森県青森市” (日本語). 選挙ドットコム. 2021年6月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第14版 北海道・奥羽・関東・中部篇』帝国秘密探偵社、1943年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第15版 上』人事興信所、1948年。