佐々木行綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐々木 行綱
生誕 (1926-03-14) 1926年3月14日
出身地 日本の旗 日本 東京府
死没 (2017-09-06) 2017年9月6日(91歳没)
日本の旗 日本
学歴 東京音楽学校
ジャンル クラシック音楽
職業 声楽家バス
オペラ歌手
音楽教育者
音楽評論家

佐々木 行綱(ささき ゆきつな、1926年(大正15年)3月14日 - 2017年(平成29年)9月6日)は、日本の声楽家バス)、オペラ歌手、音楽教育者音楽評論家。音楽教育者、作曲家佐々木すぐる[1]の三男[2][3]

経歴[編集]

東京出身。幼少時はボーイソプラノ童謡歌手であり、代表曲は『四っつの兄ちゃん』[2]『犬と小僧さん』『兵隊あそび』などがある[3]。1944年(昭和19年)東京音楽学校声楽科に入学。木下保中山悌一に師事。1948年(昭和23年)卒業。同年同校研究科に進み、柴田睦陸に師事。1950年(昭和25年)修了[1]畑中良輔を代表に結成された第二次東京交声楽団に参加し、その先頭に立って歌唱技能を磨く[1]。1951年(昭和26年)芸大歌劇研究部 ベルリオーズファウストの劫罰』(日本初演)ブランデルでデビュー。1952年(昭和27年)二期会旗揚げ公演 プッチーニラ・ボエーム』巡査部長を務めるなど、二期会を中心に、以後数多くのオペラで活躍した。

歌手としての活動と同時に音楽教育に力を注ぎ、二期会に創設された「研究生制度」(音大卒業生をプロの声楽家に育成し、新会員として活動させていく)の仕事を担い、一方では、大学教官として学生の研究指導の仕事に精力的に携わっていった[1]。1963年(昭和38年)東京芸術大学講師となる。1964年(昭和39年)城多又兵衛を理事長に、須永義雄(音声学博士)、柴田睦陸等が立ち上げた『発声指導法研究会』に参加。この団体は1971年(昭和46年)に『日本声楽発声学会』と改称して現在に至っている。佐々木は1967年(昭和42年)に山形大学助教授となり、1976年(昭和51年)教授、1992年(平成4年)定年退官[1]まで数多くの学生を指導・育成した。

また、音楽評論家として、1953年(昭和28年)の『音楽の友』への寄稿を皮切りに、『音楽芸術』『音楽現代』等の誌上で活躍した。中でも『レコード芸術』の声楽評を1956年(昭和31年)から1995年(平成7年)まで約40年にわたり畑中良輔とともに担当し[4]、音楽評論の第一人者としての地位を築いたことは特筆に値する。

2017年(平成29年)9月6日死去。91歳没。

オペラ出演歴[編集]

昭和音楽大学オペラ情報センターの記録[5]による。

  • 1951年11 - 12月 東京芸術大学歌劇研究部 ベルリオーズ『ファウストの劫罰』ブランデル
  • 1952年2月 二期会 プッチーニ『ラ・ボエーム』巡査部長
  • 1952年11 - 12月 東京芸術大学、藤原歌劇団長門美保歌劇団、二期会、東京オペラ協会、関西オペラグループ モーツアルトフィガロの結婚』バルトロ
  • 1953年1月 藤原歌劇団 ビゼーカルメン』スニガ
  • 1953年2月 藤原歌劇団 ヴェルディ椿姫』オヴィニー侯爵
  • 1953年3月 二期會 フロトーマルタ』リッチモンドの役人
  • 1953年3月 藤原歌劇団 ビゼー『カルメン』ツニガ
  • 1953年5月 藤原歌劇團 ヴェルディ『リゴレット』スパラフチーレ
  • 1953年5月 二期会 フロトー『マルタ』リッチモンドの役人
  • 1953年6月 藤原歌劇團、二期會、東京ヴォーカル・グループ ヴェルディ『リゴレット』スパラフチーレ
  • 1953年7月 二期會 モーツアルト『フィガロの結婚』バルトロ
  • 1953年10 - 11月 二期會 ヴェルディ『オテロ』ロドヴィーコ
  • 1953年11 - 12月 二期会 フロトー『マルタ』トリスタン卿
  • 1953年12月 二期會 ヴェルディ『椿姫』オビニ侯爵
  • 1954年2月 二期會 ビゼー『カルメン』ツニガ
  • 1954年5 - 6月 日本樂劇協会、二期会 山田耕筰黒船』奉行
  • 1954年7月 二期会 ブリテン『ルクリーシア』コラティナス
  • 1954年12月 二期会 メノッティアマールと夜の訪問者』バルタザール
  • 1955年1月 二期會 清水脩『修善寺物語』金窪兵衛尉行親
  • 1955年2月 二期會 ビゼー『カルメン』ツニガ
  • 1955年3月 大阪勤労者音楽協議会3月例会 第1回公演 團伊玖磨『ききみみずきん』なぎの木
  • 1955年6月 二期会 モーツアルト『魔笛』ザラストロ
  • 1955年9月 NHK交響楽団 スメタナ売られた花嫁』ミヒャ
  • 1955年10 - 11月 藤原歌劇団、二期会、江口・宮舞踊団 團伊玖磨『ききみみずきん』なぎの木
  • 1956年3月 二期会 モーツアルト『フィガロの結婚』バルトロ
  • 1956年4 - 6月 二期会 モーツアルト『フィガロの結婚』バルトロ
  • 1956年10 - 11月 都民劇場 リヒャルト・シュトラウスばらの騎士』(日本初演)警部
  • 1956年11 - 12月 二期会 ビゼー『カルメン』ツニガ
  • 1957年4 - 6月 二期会、グルリットオペラ協会、藤原歌劇団 ヴェルディ『椿姫』オビニー
  • 1957年6 - 7月 二期会 モーツアルト『ドン・ジョヴァンニ』騎士長
  • 1957年10月 二期会研究生第1期生卒業公演 石桁眞禮生『卒塔婆小町』巡査
  • 1957年12月 - 1958年1月 二期会 プッチーニ『お蝶夫人』神主
  • 1958年5月 1958年度大阪国際芸術祭 團伊玖磨『ききみみ頭巾』なぎの木
  • 1958年7月 二期会研究生第2回オペラ試演会 モーツアルト『劇場支配人』フランク氏
  • 1958年11 - 12月 都民劇場 ドビュッシーペレアスとメリザンド』アルケル
  • 1959年4月 二期会 ヴェルディ『椿姫』オビニー侯爵
  • 1959年7月 二期会 ヴェルディ『椿姫』オビニー
  • 1959年8月 二期会 ヴェルディ『アイーダ』国王
  • 1959年11月 音楽サークル オネゲル火刑台上のジャンヌ・ダルク』(日本初演)一つの声・先ぶれ№2
  • 1960年1月 二期会 ウェーバー魔弾の射手』クーノ
  • 1960年3月 横浜勤労者音楽協議会 ヴェルディ『リゴレット』スパラフチーレ
  • 1960年11月 二期会 ニコライウィンザーの陽気な女房たち』ライヒ氏
  • 1962年5 - 6月 二期会 ブリテン『真夏の夜の夢』シーシアス
  • 1963年7月 二期会 清水脩『修善寺物語』金窪兵衛尉行親
  • 1966年2月 新芸術家協会 團伊玖磨『夕鶴』惣ど
  • 1967年3 - 4月 日生劇場、二期会 ヘンデルジュリアス・シーザー』ニレヌス

ソリストとしての演奏歴[編集]

著書[編集]

  • レコード芸術編 名曲名盤300 - ベストCDはこれだ 共著 1988、1994、1995年 音楽之友社[3]
  • クラシックCDエッセンシャル・ガイド150 共著 2002年 学習研究社[3]

楽界等活動[編集]

  • 日本声楽発声学会役員[3]
  • 二期会会員(1953年 - 2017年)元理事[1]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 学会通信39号 2018年3月発行”. 日本声楽発声学会. 2020年5月21日閲覧。
  2. ^ a b 童謡歌手”. Wikiwand. 2020年5月23日閲覧。
  3. ^ a b c d e f - yakata/japan%20solist.htm 日本のソリスト”. ボーイ・ソプラノの館. 2020年5月23日閲覧。
  4. ^ 佐々木行綱”. 国立国会図書館デジタルコレクション. 2020年5月23日閲覧。
  5. ^ 佐々木行綱”. 昭和音楽大学オペラ情報センター. 2020年5月23日閲覧。