佐々木茂夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々木 茂夫(ささき しげお、1944年(昭和19年)10月12日 - )は、日本検察官弁護士弁護士法人御堂筋法律事務所)。元大阪高等検察庁検事長

来歴[編集]

1969年(昭和44年)検事任官。最高検公判部長、同総務部長、大阪地検検事正等を経て、2004年(平成16年)に札幌高検検事長。その後、2005年(平成17年)福岡高検検事長、2006年(平成18年)大阪高検検事長を歴任し、2007年(平成19年)に退官

関西を中心に異動を繰り返す「関西検察」の一員で、退官後は弁護士登録し、関西系の各種企業役員等を務め、関西電力監査役も務めていていたが、同社の幹部森山栄治部落解放同盟福井県書記長から多額の金品を受け取っていた問題で、監査役が取締役会報告していなかったことが2019年(令和元年)に発覚し、日本監査役協会会長岡田譲治は「おかしいと思う」と対応疑問を呈した[1][2]

2020年には関西電力取締役となったが[3]、その際の株主総会通知において株主に対し、事前に金品受領問題を認識していなかったと虚偽の説明がなされており、実際には事前に相談を受けていたためのちに「一端を知る立場にありました」とウェブサイト上で訂正された[4][5]

略歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
先代:
書上由紀夫
札幌高等検察庁検事長
2004年 - 2005年
次代:
佐渡賢一
先代:
坂井一郎
福岡高等検察庁検事長
2005年 - 2006年
次代:
佐渡賢一
先代:
書上由紀夫
大阪高等検察庁検事長
2006年 - 2007年
次代:
大泉隆史